【ダービー】ファンの迷い!?随所に見られたオッズの〝歪み〟

公開日:

売り上げは13億円増

 ダノンプレミアムが単勝2・1倍と圧倒的で、2番人気ブラストワンピースが4・6倍。無敗で駒を進めた2頭がファンの支持を集めた。

 だが、その一方で本紙も含めた競馬マスコミの見方は“大混戦”。印が散らばったことで、ファンの関心を集めたか。

 売り上げは262億9283万4800円。昨年より13億ほど上回り、ここ10年では2番目に売れたダービーとなった。

 また、今年はオッズに買う側の迷いを感じることができる。

 一息入った2頭が人気になり、皐月賞組は軽視された感じに。勝ち馬エポカドーロが4番人気で10・5倍。これは97年の2冠馬サニーブライアン(ダービーでは13・6倍の6番人気)以来となる“人気薄”。②着サンリヴァルは12番人気で、③着ジェネラーレウーノは8番人気だった。

 また、③着に入って波乱を呼んだコズミックフォースにいたっては16番人気、単勝223・7倍の超人気薄。プリンシパルSの勝ち馬は毎年、どうしても注目度は低くなるものの、ここまで人気がなかったのも意外にも初めてだ。レースレコードで勝ったにもかかわらず、である。

 後から振り返ると、オッズの“歪み”が垣間見えた今年のダービー。それだけ難解な一戦だったということか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

もっと見る