【ダービー】ファンの迷い!?随所に見られたオッズの〝歪み〟

公開日:

売り上げは13億円増

 ダノンプレミアムが単勝2・1倍と圧倒的で、2番人気ブラストワンピースが4・6倍。無敗で駒を進めた2頭がファンの支持を集めた。

 だが、その一方で本紙も含めた競馬マスコミの見方は“大混戦”。印が散らばったことで、ファンの関心を集めたか。

 売り上げは262億9283万4800円。昨年より13億ほど上回り、ここ10年では2番目に売れたダービーとなった。

 また、今年はオッズに買う側の迷いを感じることができる。

 一息入った2頭が人気になり、皐月賞組は軽視された感じに。勝ち馬エポカドーロが4番人気で10・5倍。これは97年の2冠馬サニーブライアン(ダービーでは13・6倍の6番人気)以来となる“人気薄”。②着サンリヴァルは12番人気で、③着ジェネラーレウーノは8番人気だった。

 また、③着に入って波乱を呼んだコズミックフォースにいたっては16番人気、単勝223・7倍の超人気薄。プリンシパルSの勝ち馬は毎年、どうしても注目度は低くなるものの、ここまで人気がなかったのも意外にも初めてだ。レースレコードで勝ったにもかかわらず、である。

 後から振り返ると、オッズの“歪み”が垣間見えた今年のダービー。それだけ難解な一戦だったということか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

もっと見る