木津信之
著者のコラム一覧
木津信之

携帯電話にはズラリとジョッキーの電話番号が。岩田のような関西のベテランから、中堅どころはもちろん、石川のような若手まで、いつでも直撃。ついつい、本音がもれてくることも数知れない。加藤征、斎藤厩舎などにもグッと食い込んでいる。暮れの有馬記念では吉田隼にじっくりと取材。◎ゴールドアクターで3連単12万5870円をモノにした。

内田 今週も魅せる 有力馬がズラリ

公開日:

 ダービーデーのお昼休みに行われる騎乗ジョッキー紹介。恒例となった内田のバク宙が披露されると、今年も万雷の拍手が鳴り響いた。

 タイムフライヤーで臨んだダービーは⑪着に終わったものの、大いに存在感を示したのが、そこから続いた薫風S→目黒記念の2レースだ。

 振り返ってもらうとともに、土曜の有力馬についてもじっくり聞いてみた。

――ダービーは残念でしたが、その後の2連勝が圧巻でしたね。薫風Sはストライクイーグルで超接戦を制しました。
内田騎手「ストライクイーグルは、その前のレースでスタート直後につまずいて落馬。リベンジしようと思っていたんで良かったよ。道中、うまく運べて、直線に向いたら脚色がいいのがダービー①②着のジョッキーの馬で。“どれだけ欲張りなんだよ”って、思わず力が入ったよ(笑い)」

――目黒記念は9番人気の伏兵ウインテンダネスで差し切り。
「決め手がないと思っていたから、そのウイークポイントをカバーするように前走の緑風Sでは逃げたぐらい。なのに目黒記念では凄い決め手でビューン。勝ったことで自信をつけたんだね。決め付けちゃいけないってことだね。また馬に教えられたよ」

――そんな硬軟織り交ぜて競馬に臨むのが実に内田さんらしいですね。今週も有力馬が揃いました。まずは9R国分寺特別のカトルラポールはどうでしょう。前走はいい末脚で勝ち馬に0秒2差③着と迫りました。
「コンスタントに使っているけど、デキはいいように感じたよ。追い出した時はいけるかなって感じだった。でも、レース直前の雨で滑る馬場が響いたね。乾いた馬場だったらもっと際どかったはず。だから今回、パンパンの良馬場だったら面白いんじゃないかな」

――10R稲村ケ崎特別のスクエアフォールドも前走の福島戦で騎乗しています。
「コーナーをうまく進んで行かないので、小回り向きじゃないんだ。それでも②着に来たのは地力のある証拠。だから府中に替わるのはプラスだと思うよ。久々の分、いくらか割引は必要だろうけど、力は間違いなくあるので期待は大きいよね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る