大谷剣市
著者のコラム一覧
大谷剣市

本命、大穴決着どちらもドンとこい。縦横無尽にメーンを斬りまくり。2015年は有馬記念の馬連6840円を◎サウンズオブアースでズバリ的中。昨秋もアルゼンチン共和国杯、エリザベス女王杯を連続で的中させ、勢いがついたら止まらない。東西トップを走る堀厩舎を担当。ジャッジは的確だ。

【土曜阪神11R・鳴尾記念】トリコロールブルー3連勝!

公開日:

 ダービーは◎ワグネリアンが勝って馬単1万5520円をゲット。兜の緒を締め直して、上半期のGⅠ残り2戦も連続的中といきたい。いいリズムを崩さないためには、土曜競馬も重要。東西メインをズバッと仕留めて安田記念につなげる。

【阪神11R・鳴尾記念】 トリコロールブルーの勢いを買う。

 開幕週の内回り。この舞台でまず考えたのがマルターズアポジーの逃げ残りだ。ただ、急坂のある阪神だと、やはり二千メートルが気になる。

 これを好位から横綱相撲でつかまえに行くのが人気のトリオンフか。とはいえ、こちらも全5勝はいずれも直線平坦のコースで挙げたものだけに、ゴール前で甘くなる場面も。そこを急襲するのが◎トリコロールだ。

 札幌の二千メートルでも勝っているように、小脚の利くタイプで小回りの適性は十分。前走の大阪城Sは直線で前が壁になりながら、器用に外に持ち出して上がり33秒3で差し切っている。

 充実ぶりも光る。昨夏の日高特別は4カ月ぶりでプラス32キロと大幅な馬体増で快勝。極悪馬場の菊花賞こそ⑮着と大敗したものの、今年に入って2連勝と完全に軌道に乗ってきた。

 3カ月ぶりの実戦になるが、〈3100〉とテッポウは得意。テンションが上がりやすいタイプだけに、間隔をあけて使うのはプラスに出る。

 ワグネリアンでダービー2勝目を挙げた厩舎の勢いにも乗って、重賞初制覇だ。

【土曜東京11R・麦秋S】トラスト狙い撃ち

 降級トラストが先行押し切る。

 一昨年の札幌2歳S勝ちに加え、朝日杯FS⑤着など、強敵相手の重賞でもまれてきた実力馬。準オープンに下がるタイミングでダートに矛先を向けてきた。

 南関東所属時に2戦2勝で、2秒4の大差勝ちした実績も。相手が弱かっただけにうのみにはできないが、全兄ウインオスカーがダート5勝の血統的裏付けがある。

 まして、今回は相手関係が楽になる上に、逃げ馬不在の組み合わせ。千六で控える形だった前走は引っ掛かる面も見せていただけに、距離短縮もプラスに働く。

 新たな活躍の場を切り開くとみた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  4. 4

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  10. 10

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

もっと見る