【安田記念】ソロソロ穴馬が大激走!?

公開日:

 先週のダービーでは③着に16番人気のコズミックフォースが粘り、3連単は285万6300円の大波乱。これはレース史上、最高配当だった。

 ダービーよりもはるかに荒れる歴史を持っているのが安田記念だ。平成に入ってからのGⅠで、10番人気以降が馬券圏内に入ったのが延べ20頭(3勝②着9回③着8回)もいる。これは全GⅠで最も多い。

 天皇賞・春が14頭(4勝②③着が5回ずつ)、マイルCS(4勝②着3回③着8回)、NHKマイルC(3勝②着4回③着8回)が15頭。安田記念の勝ち馬頭数は3頭でも、②③着に来る回数では突出している。

 逆に、③着以内に2ケタ人気が来なかった年は90、95、97、99、02~04、07~08、10~11、16~17年。3年連続で絡まなかったのがわずかに1度しかない。今は2年連続で来ていないだけに、ソロソロの予感は十分すぎるほど!?

 安田記念で②③着した2ケタ人気馬17頭のうち前走がGⅡだったのは最多の9頭だ。

 今年のメンバーで前走がGⅡ、しかも好走しながら人気薄というのがキャンベルジュニア。ここ2走はダービー卿CT②着=6人、京王杯SC②着=7人で好配当をもたらした。

 鞍上の石橋はオークス=ラッキーライラック、ダービー=コズミックフォースで連続③着。2度あることは3度あるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る