90年オグリの大楽勝劇に感動

公開日: 更新日:

 先週は東京競馬場で生観戦。祐一君、悲願のダービー初制覇にはジ~ンときましたよ。馬券はダメダメだったけど、うん、良いダービーだった。

 明日は5週連続府中でのGIの最後を飾る安田記念。長いこと見てきたこのレース、最も強烈な印象を受けたのは、やっぱり90年のオグリキャップなんですよねぇ。

 マイルCSの激闘を制し、連闘のJCで②着となった翌年。オグリはこの安田記念で初めて武豊騎手とコンビを組みます。

 とはいえ有馬記念以来5カ月ぶりの実戦、前年の覇者バンブーメモリーや皐月賞馬ヤエノムテキら強敵相手に不安の声も……。

 が、レースでは速いペースで飛ばす逃げ馬の後ろでピタリと折り合うと直線早めに抜け出す。豊君の手はピクリとも動かない。ヤエノムテキが懸命に迫るも、オグリは馬なり、ほぼムチを使うこともない大楽勝で制したのです。

 勝ちタイムはなんと1分32秒4のコースレコード! 力の要る東京競馬場で、これは驚異的な数字でした。それをほぼ馬なりで出すとは。「やっぱり怪物だ」と思わず呟いた28年前。世界に挑んでも好勝負だったろうなぁ。

 今年は、とにかくスワーヴリチャードの取捨ですよね。マイルの速い流れに戸惑わないのか。ただスタミナも要求される舞台だし、前走大阪杯組もある程度結果を出してる。思い切って◎にして、3連複のフォーメーションで手広く。

(俳優)

◎スワーヴリチャード
○リアルスティール
▲キャンベルジュニア
☆サトノアレス
☆レッドファルクス
△ペルシアンナイト
△サングレーザー
△モズアスコット

【3連複】フォーメーション
▼①―②⑧⑪―②⑤⑧⑨⑩⑪⑮ 計15点

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

  10. 10

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

もっと見る