【安田記念】モズアスコットGⅠ初制覇 出走までの紆余曲折をはねのけた

公開日: 更新日:

バンブーメモリー以来29年ぶりの連闘V

 府中GⅠシリーズの締めくくり、安田記念を勝ったのはモズアスコット。あっと驚く連闘策でのGⅠ制覇だった。
 本番への出走までにはとにかく、紆余曲折があった。

 まず4月マイラーズCが②着止まり。①着馬には安田記念優先出走権があったが、②着分の賞金を上積みしただけ。そして1週前登録が発表された段階では出走順で19番手。そのままなら除外対象という微妙な立場に置かれてしまった。

 そこで陣営が講じた策が前倒しでのオープン特別・安土城Sへの出走だったが、ここで痛恨の出負け。結局、首差届かず、またもや②着で賞金加算はならず。万事休すと思われたところ、当週になって複数の登録があった藤沢和厩舎から回避馬が出て、ゲートインできることになった。

 結局、無事に出走できた運があったことは確かだが、それを生かして結果を出したのだからお見事だ。スタート後は「ぶつかったりしていた」とはルメール。それでもうまくリカバリーして、直線入り口ではライバルのスワーヴリチャードを射程圏に入れていた。そのスワーヴがつくった進路をうまく利用して押し上げて、最後できっちり抜け出す鮮やかなGⅠ初Vだった。

 ともあれ、連闘でのGⅠ制覇は98年阪神3歳牝馬S(現阪神JF)のスティンガー以来、20年ぶり。安田記念に限れば何と89年バンブーメモリー以来、29年ぶりの快挙でもある。

光る陣営の手腕

 管理する矢作師も体調をうまく維持させて、連闘、長距離輸送での出走に踏み切り、さらにきっちり勝たせたのだから凄いのひと言。それでなくてもモズはすでに今年4戦目。昨今は間隔を取ったり、すぐに休ませてなかなか姿を見せる機会がないオープン馬も多い中、ドンドン使って結果を出す手腕はさすがである。

 血統的にもフランケル産駒でまだまだ上昇も見込めるだけに、これからも数多くそのレースが見たいものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る