【安田記念】スワーヴリチャード 秋は適舞台で頂点狙う

公開日:

懸念材料クリアも③着まで

 0秒1差③着に負けはしたが、力を示した一戦だったといえるのではないか。

 前走に続き、1番人気の支持を集めたスワーヴリチャード。二千メートルの大阪杯を制して、GⅠ馬となっての参戦だったが、今回は距離適性よりも得意の左回りを優先したもの。決してピッタリの適鞍というわけではなかったからだ。

 マイル戦はデビュー11戦目にして初めて。それに近い千八でさえ、3歳2月のGⅢ共同通信杯①着から遠ざかっていた。千六の速い流れ、出遅れ癖、大跳びながらも最内枠……とクリアしなければならない課題は多かった。だが、それらの懸念材料を次々にクリアする走りは見せた。

 スタートを決めると楽に5番手の好位で追走。前半3~5F34秒2―56秒8の超激流をものともせずに、4角から直線にかけては手綱を押さえて抜群の手応え。使った上がりは3F33秒9。残り100メートルの地点では先頭に並びかけたほど。

 最後の最後で力尽きてしまったが、それでもタイレコードの快記録で0秒1差③着なのだから、好内容といえよう。

 現時点では左回りの方がより力を発揮できる舞台なのだろうが、能力の高さは言わずもがな。今回の走りにより、千六から中距離戦、さらにはアルゼンチン共和国杯勝ちや有馬記念④着と長距離まで対応できるオールマイティーぶりも示した。

 秋には天皇賞、ジャパンCといったベスト条件の大舞台も控えている。“負けて強し”だった今回を糧に、現役最強馬の座を狙う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

もっと見る