【安田記念】マイル路線にも幅を利かせ始めた4歳世代

公開日: 更新日:

8頭出走で①~⑥着の上位独占

 一体、どこまでその勢力図を広げるのか――。

 安田記念は勝ったモズアスコットはもちろん、①~⑥着までが全て4歳馬。近年最強世代がマイルGⅠでも上位を独占したことになった。

 ただし、これまでマイル路線でも強かったわけではない。この安田記念で今年の芝重賞勝ちは13勝目となったが、その距離レンジをみると、千八百~二千二百メートルの中距離戦で8勝。マイルではリスグラシューが2月の東京新聞杯を勝った程度で、短距離では5歳以上の年長馬に後れを取るシーンも多く見られた。

 その流れが変わったのが4月に入ってから。阪神牝馬Sでミスパンテール、リスグラシューが①③着。マイラーズCがサングレーザー、モズアスコットのワン・ツー決着。そしてこの安田記念ではビックリの上位6頭がそうだ。

 そもそも今年は4歳馬が8頭出走。ダービー後に本賞金が半額になるのにこれだけ出走してきたことが希有なパターンだったが、裏を返せば5歳以上が手薄だったということ。層の薄いマイル本流にも最強4歳世代が幅を利かせ始めたといっていいのかも。

 この先、サマーマイルシリーズ、さらには秋GⅠに向けても、この世代が馬券の肝になりそう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  10. 10

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

もっと見る