外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【土曜東京11R・アハルテケS】54㌔オールマンリバーで好配当

公開日:

得意の東京千六

 オールマンリバーの反撃で好配当だ。

 前走のオアシスSではそれまで〈2130〉だった東京千六で⑪着……。得意条件で大きく崩れてしまったが、これは酌量の余地がある。

 オープン入り後の3走前からは、東海S(千八)→仁川S(二千)と徐々に距離を延長。そこでしまい勝負に徹するレースをしてきただけに、マイルに戻って中団からの運びでは戸惑いもあったはずだ。

 その点、今回は連続で同じ舞台だ。中間もCウッド、坂路の併用で意欲的に攻められており、2カ月間隔があいた前走時よりも状態は上とみていい。

 前回から2㌔減の54㌔とハンデも手頃。ここで一気に巻き返す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る