【エプソムC】レース後の談話

公開日:

①着サトノアーサー(戸崎騎手) “なるべく中団から”というイメージでしたが、スタートが良くて、思ったよりいい位置で競馬ができました。終始、いい手応えでしたよ。まだ少し低いフォームなので、もっと良くなる感じもありますね。若い時から先々、名前が売れる馬だと思っていました。こういう勝ち方ができたので楽しみです。

②着ハクサンルドルフ(川田騎手) 返し馬でこういう馬場は大丈夫だと思ってました。直線は自分の脚をしっかり使ってくれてます。精いっぱい頑張ってくれました。

③着グリュイエール(福永騎手) もう少し前で競馬したかったのに、馬場が緩くて行き脚がつかず、あの位置から。直線はよく伸びてくれたよ。もともと左にもたれる面がある馬。前々走ではラチ沿いを走らせてその点はカバーできたけど、きょうは馬場の外めに出したんでね。その分、②着を取り損ねたかな。

④着サーブルオール(ルメール騎手) 古馬相手の重賞は初めて。経験のない中、よく頑張りました。馬場も悪くて大変でしたが、直線はいい伸びでした。5歳馬でもまだこれから良くなってくると思います。タイトルを取れる馬ですよ。

⑤着エアアンセム(藤岡佑騎手) ダイワキャグニーをマークしてあの位置に。思ったよりもあの馬が進んでいかなかったんで、後方に下がる形になりました。そこで脚がたまった分、直線はいい伸びだったけど、もう少し前で運んでも良かったかな。

⑥着ベルキャニオン(石橋騎手) だいぶ上手にレースできるようになってきましたね。道悪でそこそこペースが流れたからとはいえ、道中からいい位置でジッとできました。その分、ハミを噛んでもたれるところもなかったし、直線もしぶとく踏ん張ってくれました。

⑭着ダイワキャグニー
(菊沢調教師) ボコボコして走りづらかったですね。インに閉じこめられた? 手応えがあれば外に出せているだろうから……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る