外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【土曜東京11R・ジューンS】ルックトゥワイス断然

公開日: 更新日:

戦ってきた相手が違う

 現級で連続②着のルックトゥワイス。降級馬のいないこの相手関係では断然の中心馬だ。

 その2戦はいずれも好メンバー相手。ノベンバーSの勝ち馬ストーンウェアはこの春、福島民報杯③着→メイS②着とオープン特別で好走。さらに、緑風SのウインテンダネスはGⅡ目黒記念もブッコ抜いた。

 その前走では、6カ月ぶりで二千四百メートル2分22秒9の高速決着にも対応。完敗の②着とはいえ、③着には3馬身半差をつけたのだから高く評価できる内容だった。

「使った分の上積みは見込める」(田代助手)のは、直前追いの坂路55秒1―12秒4の好時計が証明。今度こそ結果を出す。

 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

もっと見る