橘正信
著者のコラム一覧
橘正信

ご存じ、本紙が誇る鬼才。常に大穴馬を求めて、栗東トレセンを右へ左へ。驚天動地、空前絶後の◎を打つ男。とにかく買わなきゃ当たらない。17番人気タケノベルベット本命で的中させた92年エリザベス女王杯は今でも語り継がれる快挙だ。

【日曜東京11R・ユニコーンS】バイラ狙い撃ち

公開日:

重賞は一発回答だ

 本命はバイラ。

 昨年6月にデビューして、ここまで11戦。キャリアを積み重ねながら力をつけてきた。

 成績はこんな具合。

◇新馬、未勝利 
    ⑨③②⑦③①着
◇五百万   ②⑤①着
◇オープン   ⑥①着

 重賞は一発回答――。そう思わせるのが、前走の京都千四、端午Sの勝ちっぷりだ。

 スタートは決めたが、道中は気合を入れながらも後方から。4角でも11番手だった。しかし、直線では大外からグイグイと伸びた。

 最速タイの3F37秒4の末脚で1馬身4分の1差をつけて先頭ゴールイン。この走りなら、直線の長い東京千六の舞台は楽しみになる。

 もちろん、状態面も文句なし。

 放牧を挟んでここへ。先週はCウッド6F78秒7―37秒7、1F12秒7をいっぱい。自己ベストをたたき出した。

 今週はしまい重点に坂路4F54秒4―12秒5。ちなみに、前走時は1週前、当週ともに坂路追いだった。これまで以上に攻めている。

 江口助手も「デビュー当初はトモが甘かったのに、腰回りにいい筋肉がついて、力をつけてきましたね。先週、あれだけやっても、へこたれなかった。いい状態で送り出せると思います」と明るい表情で話す。

 このレースは過去10年間で馬券絡みした31頭(13年は③着同着)のうち、4角7番手以下だった馬が5勝、②着5回、③着7回。半分以上の17頭を占めている。

 13年が①~③着独占なら、昨年もワンツーフィニッシュ。今年も最後に笑うのは末脚自慢。魅力たっぷりのこの馬を狙い撃つ。

 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る