• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
木津信之
著者のコラム一覧
木津信之

携帯電話にはズラリとジョッキーの電話番号が。岩田のような関西のベテランから、中堅どころはもちろん、石川のような若手まで、いつでも直撃。ついつい、本音がもれてくることも数知れない。加藤征、斎藤厩舎などにもグッと食い込んでいる。暮れの有馬記念では吉田隼にじっくりと取材。◎ゴールドアクターで3連単12万5870円をモノにした。

【日曜函館11R・函館スプリントS】〝夏女〟ダイアナヘイロー勝機到来

 好転材料が多いダイアナヘイローが本命。

 まずは鞍上。

「出していくと掛かるのでテンにフワッと乗ってもらわないと、最後なくなるんです。そのさじ加減が難しい」

 そう話すのは担当の原田助手。

 前走の高松宮記念は軽く促しただけでがっちりとハミを取り、自らハイペース演出して自滅したから。その点、武豊に戻るのはこの上ないプラス材料だ。

 体調面の良化も見逃せない。

 前々走の阪急杯までは福島厩舎。転厩初戦の高松宮記念で体を減らしていたことを考えれば、調整が手探りだったのは想像に難くない。

「今は体を絞るのに苦労するほど。だから、追い切りも芝コースで2周いったんです(笑い)」

 ハードトレができるのはデキがいい証拠。

 昨年はこの時季に北九州記念を含む4連勝。ここを決めて、“夏女”が再び輝きを取り戻す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る