あのタイキシャトルも実はユニコーンSの覇者で…

公開日: 更新日:

 今年も一口愛馬募集の季節がやってきました。届いた社台・サンデーのカタログとにらめっこの毎日ですが……。実は昔、ほんの一時期「タイキ」にも入っていたんですよ。ある年のカタログ、出資を決めた馬の数ページ後ろに奇麗な栗毛の馬が。1年後、タイキシャトルと名付けられました。

 デビューが遅れたものの、シャトルは未勝利、500万下、OPと3連勝。続く菩提樹Sは②着に敗れ、ひと夏越した秋の始動戦に選んだのが、当時10月に行われていたユニコーンSでした。

 ダートで2戦2勝とはいえ、重賞初挑戦もあってシャトルは3番人気。レースではスッと先行するも直線では前が壁になり、岡部騎手が懸命にムチを振るいます。いま見返すと、あのシャトルがこんなに叩かれていたんだ、って驚くほど。そのげきに応え、末を伸ばしたシャトルは快勝! 

 その後の大活躍は言うまでもなく。日本と世界のGⅠを合わせて5勝、98年には短距離馬として史上初の年度代表馬に選ばれました。そして引退後の99年には、第25代顕彰馬にも。ああ、あの時、数ページ後ろの栗毛の馬に気づいていれば……。ハハハ。

 今年も好メンバー。前走はスローに泣いたグレートタイムをもう一度狙います。直線の長い府中でルメールなら! 相手はルヴァンスレーヴ、グリムの三つ巴。この3強は強力だけど、紛れるなら③着と見た3連単フォーメーション計24点で。

(俳優)

◎グレートタイム
○ルヴァンスレーヴ
▲グリム
△ハーベストムーン
△プロスパラスデイズ
△ダンケシェーン  

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る