• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

あのタイキシャトルも実はユニコーンSの覇者で…

 今年も一口愛馬募集の季節がやってきました。届いた社台・サンデーのカタログとにらめっこの毎日ですが……。実は昔、ほんの一時期「タイキ」にも入っていたんですよ。ある年のカタログ、出資を決めた馬の数ページ後ろに奇麗な栗毛の馬が。1年後、タイキシャトルと名付けられました。

 デビューが遅れたものの、シャトルは未勝利、500万下、OPと3連勝。続く菩提樹Sは②着に敗れ、ひと夏越した秋の始動戦に選んだのが、当時10月に行われていたユニコーンSでした。

 ダートで2戦2勝とはいえ、重賞初挑戦もあってシャトルは3番人気。レースではスッと先行するも直線では前が壁になり、岡部騎手が懸命にムチを振るいます。いま見返すと、あのシャトルがこんなに叩かれていたんだ、って驚くほど。そのげきに応え、末を伸ばしたシャトルは快勝! 

 その後の大活躍は言うまでもなく。日本と世界のGⅠを合わせて5勝、98年には短距離馬として史上初の年度代表馬に選ばれました。そして引退後の99年には、第25代顕彰馬にも。ああ、あの時、数ページ後ろの栗毛の馬に気づいていれば……。ハハハ。

 今年も好メンバー。前走はスローに泣いたグレートタイムをもう一度狙います。直線の長い府中でルメールなら! 相手はルヴァンスレーヴ、グリムの三つ巴。この3強は強力だけど、紛れるなら③着と見た3連単フォーメーション計24点で。

(俳優)

◎グレートタイム
○ルヴァンスレーヴ
▲グリム
△ハーベストムーン
△プロスパラスデイズ
△ダンケシェーン  

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る