【ユニコーンS】ルヴァンスレーヴ大外ブン回しで圧勝

公開日: 更新日:

〝別定〟なのに56㌔では……

 東京のユニコーンSは1番人気ルヴァンスレーヴが期待に応えた。

 この馬の強さだけが目立ったレースだった。前半は中団の外めを楽に追走すると、半マイル付近からスムーズに進出を開始し、4角では大外ブン回しで先行勢を完全に射程圏内に。直線はノーステッキで先頭に立つと、あとは一頭だけ別世界。大接戦になった②着争いを尻目に3馬身半差をつけていた。

 走破時計も馬場が締まっていたとはいえ、1分35秒0。ユニコーンSが6月施行になって以降の最速でもあったから、次走に予定されているジャパンダートダービーが楽しみになった。

 ただ、これだけの“圧勝”になったのは抜けて強かったということもあるが、レース条件が実績馬には“甘い”という側面もなかったか。

 同馬は他と同じ56キロでの出走。ユニコーンSは「GⅠ①着馬2キロ増、GⅡ①着馬1キロ増」の規定がある。ただ、これには「2歳時成績除く」という但し書きがあるのだ。

 ルヴァンスは交流GⅠ全日本2歳優駿の勝ち馬だが、それは“関係なし”ということ。

 では、3歳のこの時期までにダートGⅠ、GⅡがあるかといえばJRAにはなく、交流重賞でも園田の兵庫チャンピオンシップがあるくらい。NHKマイルCや桜花賞の勝ち馬が出てくるかとなると、それも現実的ではない。

 賞金別定にして実績馬には斤量を課すか、それともJRA3歳ダート王決定戦との位置付けなのだから、素直に馬齢重量にするか。改善の余地が残っているのではないだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  6. 6

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  7. 7

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  8. 8

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  9. 9

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  10. 10

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

もっと見る