【函館スプリントS】レース後の談話

公開日:

①着セイウンコウセイ(池添騎手) 際どかったけど、よくしのいでくれたね。この枠だったんで、ゲート次第で作戦を決めようと。控えることも考えていたけど、しっかりスタートを切ってくれたので主張してハナヘ。最後まで頑張ってくれました。GⅠを勝って以来勝ち星から遠ざかっていましたが、復活の手助けができてよかったです。

②着ヒルノデイバロー(四位騎手) あそこまできたら勝ちたかった。ホント悔しい。デキがすごく良かったよ。(人気がなかったのは)みんなの取材不足だね(笑い)。

③着ナックビーナス(三浦騎手) うまく走ってくれたけど、前が止まらない馬場だったね。もっと腹をくくって乗ってもよかったかもしれないけど、こっちも3番手でスムーズな競馬ができた。最後まで気を抜かずに頑張ってくれましたよ。

④着アドマイヤゴッド(岩田騎手) 中間は少しゴトゴトだったんだけど、レースでは大丈夫だった。最後はよく突っ込んできてくれたね。

⑨着ダイアナヘイロー(武豊騎手) きょうはハナを切るつもりはなかったよ。道中はいい感じで追走できて最後も突き抜けそうな手応えだったんだけど、行き場がなくなって……。一瞬あきかけたんだけど、両サイドから閉まってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る