藤田菜七子31勝達成で来週から△に

公開日:

これからの課題はまずこの2つ

 JRA唯一の女性ジョッキー、藤田菜七子が先週の東京で2勝。土曜8Rスズカアーチスト、日曜3Rベルクカッツェでの勝利で、地方競馬を含めた勝ち数が31勝に。これにより来週から減量が▲(3キロ減)→△(2キロ減)になる。

 同時にGⅠへの騎乗資格もクリア。しかし、本人も「そんなに甘い世界ではありません。乗せていただけるように技術を上げていかなければ」と語ったように、乗り越えるべき課題はまだある。

 ここまでの勝利は大半が芝の短距離かダート戦で、芝千八メートル以上ではわずか1勝のみ。確かに、大手馬主が強い芝の中長距離GⅠを狙うのはハードルが高い。ダート、芝短距離に特化する手もあるが、選択肢は多いに越したことはない。

 もう一つ気になるのが2歳戦で2勝しか挙げていない点だ。特に2歳新馬戦は〈00335〉と連対すらなし。ここを改善して早い時期から“お手馬”を見つけることも、大舞台に立つ近道になる。

藤田騎手 自厩舎(根本厩舎)の馬で勝ててよかったです。多くの方々から31勝のことは言われてましたが、私自身はそんなに意識してなくて、変わらず次の1勝を目指したいと思ってました。2キロ減になってまた違う部分もたくさん出てくるし、頑張っていきたいと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る