• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
木津信之
著者のコラム一覧
木津信之

携帯電話にはズラリとジョッキーの電話番号が。岩田のような関西のベテランから、中堅どころはもちろん、石川のような若手まで、いつでも直撃。ついつい、本音がもれてくることも数知れない。加藤征、斎藤厩舎などにもグッと食い込んでいる。暮れの有馬記念では吉田隼にじっくりと取材。◎ゴールドアクターで3連単12万5870円をモノにした。

【土曜函館11R・大沼S】小回りコースの適性が高いタムロミラクル

 一昨年はモンドクラッセ、昨年はテイエムジンソクと確固たる主役がいたが、今年はどの馬にもチャンスがありそうな大混戦。

 舞台適性を重視してタムロミラクルを本命に抜てきする。

 函館ダート千七は初めての参戦だが、同じような形態の小倉で2勝②着2回、佐賀、名古屋で交流重賞②着3回と小回りでの立ち回りのうまさは実証済みだ。

 デキの良さ、勝負気配もメンバー随一とみる。

 6月3日に早めに函館へ入厩して、7、14日と目いっぱいに追われた。今週の追い切りでも岩田を乗せて5F66秒6―39秒6、1F13秒2をマーク。直線でステッキが数発入る最後まで熱のこもった内容からは、このレースにかける陣営の意気込みがヒシヒシと伝わってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る