【宝塚記念】ピンク帽のVが突出

公開日:

 宝塚記念ほど8枠の馬が勝つGⅠは他にない。

 グレード制導入後、8枠は11勝で、もちろん最多。2番目に多い皐月賞が8勝だから、2ケタ勝利は突出している。

 その11頭は87年スズパレード、92年メジロパーマー、94年ビワハヤヒデ、98年サイレンススズカ、04年タップダンスシチー、10年ナカヤマフェスタ、13、14年ゴールドシップ、15年ラブリーデイ、16年マリアライト、17年サトノクラウン。目下5連勝中なのだ。

 8枠激走の理由として考えられるのは、まずは季節的な要因。梅雨時とあって、雨の影響で特にインが悪くなりやすく、少しでも馬場のいい外を通れる有利さがある。

 もうひとつはコース形態。阪神二千二百メートルは4コーナー付近にゲートがあり、スタートしてからしばらくはホームストレッチの直線を走る。すぐ外に振られる心配はないから距離ロスが少ない。

 ただし、不思議なもので8枠からはこんなに勝ち馬が出ているのに、7枠は不振。85年にスズカコバンが勝ったのを最後に勝ち馬ゼロ。②着も99年スペシャルウィーク、02年ツルマルボーイの2回だけ。結果は極端だ。

 今年、幸運の8枠を引いたのは伏兵ゼーヴィントに菊花賞馬キセキ。特にキセキは鞍上がM・デムーロだから、昨年のサトノクラウンがダブってくるが、果たして……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る