弘中勝
著者のコラム一覧
弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

【宝塚記念】牝馬に出番あり スマートレイアー◎

公開日: 更新日:

 ファン投票1位のサトノダイヤモンドをはじめGⅠホルダーの牡馬勢は復調に手間取っている印象がある。ならば牝馬の出番。○ヴィブロスも有力だが、舞台が阪神ならスマートレイアーに◎だ。

 当地で重賞2つを含む6勝の阪神マイスター。そんなレイアーが出走できる阪神GⅠは昨年格上げされた大阪杯と、ここ宝塚記念の2戦だけ。

 その大阪杯は⑨着。いくら得意舞台でも香港遠征後の休み明けでは動ききれない。“参考外”と考えれば、当初から上半期の大勝負はここだと判断できる。

 2走目の天皇賞春⑦着は初体験の三千二百メートル戦を4角から大外をブン回して上がり3F35秒3。イン突きで勝利したレインボーラインに次ぐメンバー2位の上がりだった。適舞台なら牡馬GⅠでも勝負になるイメージで、いいステップを踏めた一戦ととらえたい。

 実際、ここにきて体調もグンと上向いた。6日は坂路で4F51秒9をマークし、1週前には新コンビの松山を背にCウッドで7F追いを敢行。大阪杯の1週前はポリトラック追いだから明らかに負荷を強めている。

 得意の阪神のここを目標にピークに仕上げた証拠。悲願のGⅠ初制覇も十分だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る