弘中勝
著者のコラム一覧
弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

【宝塚記念】牝馬に出番あり スマートレイアー◎

公開日:

 ファン投票1位のサトノダイヤモンドをはじめGⅠホルダーの牡馬勢は復調に手間取っている印象がある。ならば牝馬の出番。○ヴィブロスも有力だが、舞台が阪神ならスマートレイアーに◎だ。

 当地で重賞2つを含む6勝の阪神マイスター。そんなレイアーが出走できる阪神GⅠは昨年格上げされた大阪杯と、ここ宝塚記念の2戦だけ。

 その大阪杯は⑨着。いくら得意舞台でも香港遠征後の休み明けでは動ききれない。“参考外”と考えれば、当初から上半期の大勝負はここだと判断できる。

 2走目の天皇賞春⑦着は初体験の三千二百メートル戦を4角から大外をブン回して上がり3F35秒3。イン突きで勝利したレインボーラインに次ぐメンバー2位の上がりだった。適舞台なら牡馬GⅠでも勝負になるイメージで、いいステップを踏めた一戦ととらえたい。

 実際、ここにきて体調もグンと上向いた。6日は坂路で4F51秒9をマークし、1週前には新コンビの松山を背にCウッドで7F追いを敢行。大阪杯の1週前はポリトラック追いだから明らかに負荷を強めている。

 得意の阪神のここを目標にピークに仕上げた証拠。悲願のGⅠ初制覇も十分だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る