• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
薮中泰人
著者のコラム一覧
薮中泰人

競馬予想家としてこの道40年オーバー。そのうち、本紙予想は30年以上も経験。ゲンダイ競馬ファンにはお馴染みの西の重鎮で、馬を見る目は今もなお冴えわたっている。

【宝塚記念】アウェーでも主役!香港馬ワーザーで勝てる

 スノーフェアリーが10、11年のエリザベス女王杯を連覇したが、日本での中長距離GⅠは日本馬が圧倒的に強い。ジャパンCでは06年以後、外国馬は連対すらない。

 しかし、今回の香港馬ワーザーは要注意だ。初のグランプリホースに輝く可能性まである。

 まず舞台がマッチする。香港でも“スイマー”と呼ばれるほどの道悪巧者で、それゆえ梅雨時のGⅠに照準を合わせての来日。前日の土曜にも雨が降り、12年連続で賞金王に輝くJ・ムーア師の読みはピタリだ。

 15/16シーズンの年度代表馬で二千~二千五百が得意。この舞台でのGⅠ戦では〈4420〉とすべて馬券圏内に。ネオリアリズムとは1勝1敗で、ラブリーデイ、サトノクラウン、ステファノスなど屈強な日本馬を問題にしなかった。

 アウェーでの戦いの中、気配も抜群。検疫先の三木ホースランドから移動した翌日に阪神の芝コースで7Fの長め追い。勝負意欲まで感じさせた。鞍上も〈5330〉のボウマンだ。

 一方、迎え撃つ日本勢は心もとない。

 ファン投票1位のサトノダイヤモンドは筋肉の張りこそ良くなったものの、肝心の気持ちがまだ乗ってこない。キセキも中間調整に苦労した。折り合いに難点があり、いっぱいに追えたのが最終追い切りのみ。関西ツートップに不安があるなら香港馬ワーザー◎は的外れでないはず。

 3連単は流し馬券で勝負する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る