外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【宝塚記念】菊花賞馬キセキ復権V

公開日:

放牧でリセット

 昨年の菊花賞馬キセキの反撃に期待した。

 昨秋は極悪馬場の菊花賞で激走V。前2戦はその疲れが心身ともに尾を引いていた印象だ。放牧でリフレッシュされた今回こそが狙い時とみた。

 昨年暮れの香港ヴァーズでは、現地滞在時、左前脚に皮膚病のアクシデント。体調面で“?”がついていた。また、年明け初戦の日経賞⑨着は、道中で我慢が利かずに2周目向正面から一気に先頭。精神面のコントロールが利かなかった。いずれも力を出し切ってないのだから参考外だ。

 注目したいのは放牧帰厩後の調整内容。1、2週前にはM・デムーロを背に追い切りを消化。1週前のVTRを見ても、押さえの利いたリズムのいい走りで直線に向き、仕掛けてからの反応も上々だった。主戦に手が戻れば走りも変わってくる――ということだろう。

 その鞍上は「菊花賞は勝っているが、中距離がベスト」と。距離短縮はプラス材料だ。また、道悪をこなすのは菊花賞を見ての通りだし、逆に良馬場で先週のような高速決着になったとしても、昨夏の新潟二千1分56秒9があれば怖くない。

 強い4歳世代がここで復権。GⅠ2勝目だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る