• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
新谷学
著者のコラム一覧
新谷学

全レースを詳細にデータ化することに成功。全ての馬を独自に作り出した馬券直結のレーティングで丸裸にして本命馬はもちろん穴馬までしっかりケアする人間コンピューター。

【宝塚記念】充実一途パフォーマプロミスGⅠ馬に

 前走レート(前走が海外の場合は直近国内戦)の上位5頭を列記するとこうなる。

 パフォーマプロミス122
 ストロングタイタン119
 ノーブルマーズ  119
 ミッキーロケット 119
 アルバート    117
 ◎はパフォーマプロミスでいく。

 本命の根拠は今の充実度に尽きる。昨暮れに準オープンを卒業すると、いきなり日経新春杯に出走してV。6歳にして初のオープンながら、前半5F通過を62秒0で組み立てて理想的なスローに落とせた②着馬をねじ伏せてみせた。当時が121のレートだ。

 そして、ここへのステップ、目黒記念は③着で冒頭の122。

 重賞連勝とはいかなかったものの0秒1差。内を回った上位2頭は使っている強み、さらにハンデ差ありの中、4カ月半ぶりで直線は外から。それでも馬券圏内を外さなかったところに地力をつけていることが分かる。

 この前2走は120超えを連発してキャリアハイを更新。これが敏腕トレーナー、藤原英師の思い描いていた成長曲線なのだろう。とにかく、完全に本物になってきた。

 今年は日本のGⅠホースが4頭出走している。しかし、冒頭の上位5頭にその名前はない。

 今年の全レースに範囲を広げても120超えをマークしているのは他にサトノダイヤモンド(金鯱賞=123)、ダンビュライト(アメリカJCC=122)だけ。その2頭にしてもサトノダイヤモンドは大阪杯が不満の残る内容で、ダンビュライトは香港遠征帰り。

 それなら今は安定して高いパフォーマンスが出せるパフォーマプロミスで勝てる――。これが最終結論だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る