【宝塚記念】アウェーで奮闘のワーザー

公開日:

対照的だったGⅠ馬4頭

 ミッキーロケットには首差及ばなかったものの見せ場たっぷりだったのが、香港馬ワーザーだ。

 木曜発表の調教後の馬体重では前走比マイナス19キロの454キロ。きのうはさらに8キロ減らしての446キロだった。それでもメンバー最速の3F35秒3で追い込んできたのは、さすが香港年度代表馬といったところだ。

 それでなくても香港馬は近年、力の底上げが目立つ。実際、昨暮れの香港国際競走では4戦中3勝。今後もトップクラスが来日してくれば“アウェー”でも怖い刺客となりそう。

 その一方、不甲斐なさが目立ったのが日本のGⅠ馬。1番人気サトノダイヤモンドはまくり上げる見せ場はあったが、直線失速の⑥着。2番人気キセキは後方追走から⑧着。さらに3番人気ヴィブロスもワーザーにかわされて④着まで。昨年の覇者サトノクラウンに至っては⑫着……。

 この4頭に共通しているのが海外遠征。ダイヤモンドは凱旋門賞から帰国後、なかなか体調が戻らず、この中間も陣営が闘争心を戻そうと試行錯誤。キセキは遠征先の香港で皮膚病にかかり、一時は出走も危ぶまれたほど。ドバイ遠征組のヴィブロス、クラウンは約3カ月ぶりのローテーションになっていた。

 遠征だけが敗因の全てとは言わないが、その影響があったのも事実だろう。

 まずは“ホーム”の国内GⅠへ全力投球しないと、今後も香港馬に足をすくわれるシーンが多くなるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る