• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【宝塚記念】アウェーで奮闘のワーザー

対照的だったGⅠ馬4頭

 ミッキーロケットには首差及ばなかったものの見せ場たっぷりだったのが、香港馬ワーザーだ。

 木曜発表の調教後の馬体重では前走比マイナス19キロの454キロ。きのうはさらに8キロ減らしての446キロだった。それでもメンバー最速の3F35秒3で追い込んできたのは、さすが香港年度代表馬といったところだ。

 それでなくても香港馬は近年、力の底上げが目立つ。実際、昨暮れの香港国際競走では4戦中3勝。今後もトップクラスが来日してくれば“アウェー”でも怖い刺客となりそう。

 その一方、不甲斐なさが目立ったのが日本のGⅠ馬。1番人気サトノダイヤモンドはまくり上げる見せ場はあったが、直線失速の⑥着。2番人気キセキは後方追走から⑧着。さらに3番人気ヴィブロスもワーザーにかわされて④着まで。昨年の覇者サトノクラウンに至っては⑫着……。

 この4頭に共通しているのが海外遠征。ダイヤモンドは凱旋門賞から帰国後、なかなか体調が戻らず、この中間も陣営が闘争心を戻そうと試行錯誤。キセキは遠征先の香港で皮膚病にかかり、一時は出走も危ぶまれたほど。ドバイ遠征組のヴィブロス、クラウンは約3カ月ぶりのローテーションになっていた。

 遠征だけが敗因の全てとは言わないが、その影響があったのも事実だろう。

 まずは“ホーム”の国内GⅠへ全力投球しないと、今後も香港馬に足をすくわれるシーンが多くなるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る