• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今年で最後 降級4歳は有利も有利。 でも、オープンからの2階級ダウンは…

 今週から福島、中京開催が始まり、まさに夏ローカル本番だ。しかし、そうなると、秋まで馬券はお休み――なんて人、それはとてももったいないですよ。

「夏を制するものは秋競馬を制す」で、今週からまたまた武田記者による「夏期集中 馬券ゼミ」がスタート。暑さに負けず戦うコアなファンに向けて、その週はもちろん、先々まで役に立つデータを発信していこう。

 今週月曜にJRAからこういう発表があった。「来年、降級制度の廃止に伴い、現在の五百万下、一千万下、千六百万下をそれぞれ、1勝クラス、2勝クラス、3勝クラスにする」と。ただし、混乱を避けるため、当面の間(期間は発表されていない)、旧条件も併記される。

 つまり、名前が変わるだけで、皐月賞エポカドーロ(未勝利、五百万、皐月賞の3勝)が「3勝クラス」に出られるわけではなく、“最強の2勝馬”サウンズオブアースも当然、オープンクラス。また、現在、降級を経験している4歳以上は来年、3勝馬でも「2勝クラス」になったり。このあたりは時間の経過により解決されるだろう。

 だが、例えば2歳時に新馬、もしくは未勝利を勝ち、重賞②着のようなケースでは、1勝馬でも「2勝クラス」。だったら、今のままでもいいように思うが……。

 さて、そもそも降級制度廃止のきっかけは、4歳馬にとってあまりにも有利な設定だからだ。準オープンではなかなか成績が上がらなくても、クラスが下がって一千万条件なら……という例は山ほどある。

 では、一千万条件に降級してきた4歳馬におけるデータを披露しよう。

 パターンは3つ。

 まずは最も有利に思えるオープンからの2階級降級。続いて準オープンを走ってきた馬の降級。最後はこれも準オープンからだが、一千万を勝った後に一息入れて、降級待ちでの出走というパターンだ。

 では、馬券的な信頼度ではどうか。

 元オープン馬が最も高く、準オープンを経験していない分、降級待ちが一番下と考えたくなるのが普通。だが、実際は真逆の結果が出ている。

 今年、ここまで前走一千万①着の降級4歳馬は19頭が出走して〈5 2 2 10〉、③着内率・474だから、ほぼ半数が馬券圏内だ。

 では、最も多い準オープンからの降級馬はどうか。〈4 7 3 19〉、③着内率・424だから可もなし不可もなし、といった数字。ただし、ダートでは〈1 5 0 8〉で連対率・429に対し、芝では〈3 2 3 11〉、・263という差が。また、芝で1番人気だと〈0 1 1 2〉と全敗。意外なほど信頼性は高くない。

 さらにオープンからでは悲惨なことに。6頭で④⑤②⑥④⑯着と勝ち馬なし。函館のHTB杯で②着だったディバインコードが唯一の好走だ。

 今週の3歳上一千万条件で超有利な降級馬がいる。それは土曜函館・洞爺湖特別のマイスタイルだ。オープン特別②着があり、ダービーでレイデオロの④着。そんな馬が一千万に出てくるのだ。

 ただ、洋芝は初めてなだけに、付け入る隙はないわけではない。

 ここは逆に一千万を勝って3カ月半待機のレッドジェノヴァを狙う手も。基本はたたき良化型だが、この中間は熱心な乗り込みが目立つ。

 函館では日曜の道新スポーツ杯(芝千二)からイノバティブ。中山で3月に千葉日報杯勝ち。速い時計がなく、差し一手のタイプで、今回はダメでも、最終週あたりならズボッとはまる可能性がある。

 中京では日曜の木曽川特別(芝二千二百)のパリンジェネシス。前走の青嵐賞ではムイトオブリガード(続く町田特別も勝利)と①着同着。こちらも……と考えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る