勝羽太郎
著者のコラム一覧
勝羽太郎

徹底的な栗東での厩舎取材だけでなく、馬体や追い切りを見る目もハイレベル。グリーンチャンネルではパドック解説者としても活躍中の見る、聞く、話すの三拍子が揃った関西の精鋭記者。

【土曜福島11R・テレビユー福島賞】姉に続くぞエリシェヴァ勝ってオープン入り

公開日:

 人馬の絆――。大阪杯のスワーヴリチャード=M・デムーロに始まり、天皇賞・春のレインボーライン=岩田、ダービーのワグネリアン=福永、そして宝塚記念はミッキーロケット=和田。春GⅠを振り返れば「コンビ力」をキーワードにして感動的な場面が生まれた。

 秋からは、通算31勝の規定をクリアした女性騎手・藤田菜七子もGⅠでの騎乗が可能になった。秋GⅠはますます“騎手”に焦点が当たりそうだ。

【福島11R・テレビユー福島賞】 エリシェヴァは期待大の◎だ。

 同じ福島千二で走った2走前の吾妻小富士賞で強烈なインパクトを残している。出遅れに、2F地点でやや手綱を引くシーンも加わって一列後退の前半7番手。先行力で鳴らす同馬からすれば、明らかに“専門外”の形だ。そこからのイン差し完勝は新境地を開いた一戦でもあった。

「それもあり、同じ舞台、同じジョッキー(津村)でここへ。狙っていた一戦だからね」と角田師も期待を込める。

 母ビリーヴの血統で同じ牝馬といえば、姉フィドゥーシア。5歳時に準オープン卒業からオープン特別を2勝。続く、GⅢアイビスSDで連対と開花した。ならば、同じ5歳夏を迎える妹も似た軌跡をたどっていい。

 実際に、中間は調教相手を子供扱いする動きの良さ、切れだ。勝ってサマースプリント戦線に向かう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    メジャー評価は根尾より上 小園海斗の身体能力はケタ違い

もっと見る