新居哲
著者のコラム一覧
新居哲

元ラガーマンの体力自慢。東の不沈艦とも言われ、怒涛の突破力を見せる男。今年からグリーンチャンネルの「トラックマンTV」にも出演している。馬を見る目にたけ、少しでも気になることがあればすぐに関係者に直撃! 国枝、木村厩舎に強い。

【土曜中京11R・白川郷S】コアレスキングは「8歳夏の今がピーク」

公開日:

 コンスタントに使われていながらも、元気いっぱいなのがコアレスキングだ。

 尾形充厩舎の解散に伴い、3月に現厩舎に来てから今回で6走目。徐々に良化の兆しを見せてきた。

 前走の薫風Sは15番人気で0秒3差の⑤着。しかも、直線で寄られる不利があってのもの。スムーズなら馬券圏内もあったと思わせる好内容だ。

「8歳の夏を迎えますが、馬が本当に若いです」とは伊藤助手。

 さらに「かなりのハードトレーニングにもへこたれることなく、それに応えられるようになってきました。馬体もようやく絞れてきて、厚ぼったかった皮膚も薄くなってきました。それに伴って馬自身が動けるようになり、うるささも戻ってきたほど。元気が有り余るほどで状態はピークと言っていいくらいです」

 同じハンデ52キロだった2走前(丹沢S)は距離が長く、引っ掛かり気味だったが、今度は違う。軽量を生かして、馬券圏内に突入だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  9. 9

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る