• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
橘正信
著者のコラム一覧
橘正信

ご存じ、本紙が誇る鬼才。常に大穴馬を求めて、栗東トレセンを右へ左へ。驚天動地、空前絶後の◎を打つ男。とにかく買わなきゃ当たらない。17番人気タケノベルベット本命で的中させた92年エリザベス女王杯は今でも語り継がれる快挙だ。

【日曜中京11R・CBC賞】グレイトチャーターでビッグ馬券

 大穴グレイトチャーターだ。

 2歳時はデビュー2戦目に勝ち上がったが、3歳時は未勝利。4歳春に五百万、一千万を連勝して、5歳秋に一千万、千六百万をブッコ抜き。オープン入りを果たした。

 野田助手は「年齢を重ねて落ち着きが出てきましたね。力を出せるようになりました」と晩成タイプぶりを話す。

 6歳の今年は昇級2戦目の淀短距離Sでメンバー中、最速タイの3F33秒7で④着とクラスのメドは立てた。ところが、同じ舞台の前走、鞍馬Sは⑨着……。

 もっとも心配は無用、こんな敗因がある。
「最初はリズムよく運べていたんですけどね。向正面で外からぶつけられて、掛かってしまいました」

 その後は放牧を挟んでこのレースを目標に仕上げられてきた。ここ3週の坂路追いは次の通り。
 14日 52秒8―12秒3
 20日 54秒6―12秒2
 27日 54秒6―12秒8

「先々週、先週とうなるくらいでした。今週はセーブ気味に。いい状態で送り出せますよ。スムーズな競馬ができれば」
 鮫島厩舎は12年にパドトロワがアイビスSD、キーンランドCを勝ち、サマースプリントシリーズの王者に輝いた。14年にも北九州記念、セントウルS勝ちのリトルゲルダが続いた。

 昨年はタツゴウゲキが小倉記念、新潟記念を制してサマー2000シリーズで優勝。3頭ともに5歳夏での初タイトル獲得と、着実に力をつけて花開いている。
 今年も同じようなムード。ビッグ馬券勝負!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る