橘正信
著者のコラム一覧
橘正信

ご存じ、本紙が誇る鬼才。常に大穴馬を求めて、栗東トレセンを右へ左へ。驚天動地、空前絶後の◎を打つ男。とにかく買わなきゃ当たらない。17番人気タケノベルベット本命で的中させた92年エリザベス女王杯は今でも語り継がれる快挙だ。

【日曜中京11R・CBC賞】グレイトチャーターでビッグ馬券

公開日:

 大穴グレイトチャーターだ。

 2歳時はデビュー2戦目に勝ち上がったが、3歳時は未勝利。4歳春に五百万、一千万を連勝して、5歳秋に一千万、千六百万をブッコ抜き。オープン入りを果たした。

 野田助手は「年齢を重ねて落ち着きが出てきましたね。力を出せるようになりました」と晩成タイプぶりを話す。

 6歳の今年は昇級2戦目の淀短距離Sでメンバー中、最速タイの3F33秒7で④着とクラスのメドは立てた。ところが、同じ舞台の前走、鞍馬Sは⑨着……。

 もっとも心配は無用、こんな敗因がある。
「最初はリズムよく運べていたんですけどね。向正面で外からぶつけられて、掛かってしまいました」

 その後は放牧を挟んでこのレースを目標に仕上げられてきた。ここ3週の坂路追いは次の通り。
 14日 52秒8―12秒3
 20日 54秒6―12秒2
 27日 54秒6―12秒8

「先々週、先週とうなるくらいでした。今週はセーブ気味に。いい状態で送り出せますよ。スムーズな競馬ができれば」
 鮫島厩舎は12年にパドトロワがアイビスSD、キーンランドCを勝ち、サマースプリントシリーズの王者に輝いた。14年にも北九州記念、セントウルS勝ちのリトルゲルダが続いた。

 昨年はタツゴウゲキが小倉記念、新潟記念を制してサマー2000シリーズで優勝。3頭ともに5歳夏での初タイトル獲得と、着実に力をつけて花開いている。
 今年も同じようなムード。ビッグ馬券勝負!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る