• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
橘正信
著者のコラム一覧
橘正信

ご存じ、本紙が誇る鬼才。常に大穴馬を求めて、栗東トレセンを右へ左へ。驚天動地、空前絶後の◎を打つ男。とにかく買わなきゃ当たらない。17番人気タケノベルベット本命で的中させた92年エリザベス女王杯は今でも語り継がれる快挙だ。

【日曜中京11R・CBC賞】グレイトチャーターでビッグ馬券

 大穴グレイトチャーターだ。

 2歳時はデビュー2戦目に勝ち上がったが、3歳時は未勝利。4歳春に五百万、一千万を連勝して、5歳秋に一千万、千六百万をブッコ抜き。オープン入りを果たした。

 野田助手は「年齢を重ねて落ち着きが出てきましたね。力を出せるようになりました」と晩成タイプぶりを話す。

 6歳の今年は昇級2戦目の淀短距離Sでメンバー中、最速タイの3F33秒7で④着とクラスのメドは立てた。ところが、同じ舞台の前走、鞍馬Sは⑨着……。

 もっとも心配は無用、こんな敗因がある。
「最初はリズムよく運べていたんですけどね。向正面で外からぶつけられて、掛かってしまいました」

 その後は放牧を挟んでこのレースを目標に仕上げられてきた。ここ3週の坂路追いは次の通り。
 14日 52秒8―12秒3
 20日 54秒6―12秒2
 27日 54秒6―12秒8

「先々週、先週とうなるくらいでした。今週はセーブ気味に。いい状態で送り出せますよ。スムーズな競馬ができれば」
 鮫島厩舎は12年にパドトロワがアイビスSD、キーンランドCを勝ち、サマースプリントシリーズの王者に輝いた。14年にも北九州記念、セントウルS勝ちのリトルゲルダが続いた。

 昨年はタツゴウゲキが小倉記念、新潟記念を制してサマー2000シリーズで優勝。3頭ともに5歳夏での初タイトル獲得と、着実に力をつけて花開いている。
 今年も同じようなムード。ビッグ馬券勝負!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  4. 4

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  5. 5

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  6. 6

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  7. 7

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

  8. 8

    婚約発表の平幕勢 賞金ランク4位・比嘉真美子との年収格差

  9. 9

    改元は来年…残るオウム受刑者は「恩赦」の対象になるのか

  10. 10

    雨の降り方が一変…明治以来の土建国家の施策は破綻危機

もっと見る