外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【日曜福島11R・ラジオNIKKEI賞】血も後押しするグレンガリー

公開日:

兄ミトラもここ福島で重賞V

 ◎はグレンガリー。兄ミトラはこの福島でGⅢ福島記念①②着に加えて、準オープンでも③着。自身も未勝利勝ちに続き、この舞台で血が騒ぐとみた。

 今回はメイショウテッコン、ケイティクレバーら強力先行の存在でペースは流れそう。その対応力は前走、ホンコンJCT①着で証明済みだ。

 残り4Fからのラップ11秒9―10秒9―11秒5―12秒0を、2番手正攻法からの押し切り。勝負どころからは後続の追い上げが厳しく、直線手前からの“10秒9”は相当にタフだったはずだが、これを克服して勝ち切った点を評価したい。

 中間は1週前にウッドで4F51秒6、1F13秒3の好時計。さらに直前も54秒3―12秒7と、活気十分の動きを連発してきた。

 デキの良さと血統のコース適性を味方に3連勝で重賞初Vだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る