弘中勝
著者のコラム一覧
弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

【日曜中京11R・CBC賞】ナガラフラワー重賞も突破

公開日:

前走は強烈な勝ちっぷり

 伏兵ナガラフラワーを狙い撃つ。

 昇級初戦が重賞。6歳牝馬で52キロのハンデも、他馬と比較すれば恵まれたとはいえない。それでも狙いたくなる魅力が同馬にはある。

 まず、前走の彦根Sの勝ちっぷりが印象的だった。道中は8番手のインから、直線で外へ持ち出しての差し切り。目いっぱいにアクセルを踏めたのは1Fあったかどうかの競馬だ。

 しかも、レース後の藤岡佑は「抜け出してフワッとした」と。それでいて上がり3Fは驚きの32秒9。真っすぐに追え、集中力を切らさなければ、どれだけ切れたことか。1分7秒9の走破タイムはもっと短縮できていただろう。

 今回、騎乗するのは高倉だが、先週の阪神では存在感をアピールしている。土曜メインを勝ち、日曜の宝塚記念でも③着と健闘した。

 その高倉とは昨夏の佐世保Sでコンビを組み④着。開幕小倉の芝を4角14番手から追い込み、次走でGⅢを勝つダイアナヘイローを0秒2差まで追い詰めた。「特徴を掴んでくれてるし、ずっと乗りたいとアピールしてくれていた。心強いね」とは喜多助手だ。

 念願がかなった11カ月ぶりの再タッグ。一気に重賞の壁も突き破ってみせる。

 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る