• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
弘中勝
著者のコラム一覧
弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

【日曜中京11R・CBC賞】ナガラフラワー重賞も突破

前走は強烈な勝ちっぷり

 伏兵ナガラフラワーを狙い撃つ。

 昇級初戦が重賞。6歳牝馬で52キロのハンデも、他馬と比較すれば恵まれたとはいえない。それでも狙いたくなる魅力が同馬にはある。

 まず、前走の彦根Sの勝ちっぷりが印象的だった。道中は8番手のインから、直線で外へ持ち出しての差し切り。目いっぱいにアクセルを踏めたのは1Fあったかどうかの競馬だ。

 しかも、レース後の藤岡佑は「抜け出してフワッとした」と。それでいて上がり3Fは驚きの32秒9。真っすぐに追え、集中力を切らさなければ、どれだけ切れたことか。1分7秒9の走破タイムはもっと短縮できていただろう。

 今回、騎乗するのは高倉だが、先週の阪神では存在感をアピールしている。土曜メインを勝ち、日曜の宝塚記念でも③着と健闘した。

 その高倉とは昨夏の佐世保Sでコンビを組み④着。開幕小倉の芝を4角14番手から追い込み、次走でGⅢを勝つダイアナヘイローを0秒2差まで追い詰めた。「特徴を掴んでくれてるし、ずっと乗りたいとアピールしてくれていた。心強いね」とは喜多助手だ。

 念願がかなった11カ月ぶりの再タッグ。一気に重賞の壁も突き破ってみせる。

 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る