• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
弘中勝
著者のコラム一覧
弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

【日曜中京11R・CBC賞】ナガラフラワー重賞も突破

投稿日:

前走は強烈な勝ちっぷり

 伏兵ナガラフラワーを狙い撃つ。

 昇級初戦が重賞。6歳牝馬で52キロのハンデも、他馬と比較すれば恵まれたとはいえない。それでも狙いたくなる魅力が同馬にはある。

 まず、前走の彦根Sの勝ちっぷりが印象的だった。道中は8番手のインから、直線で外へ持ち出しての差し切り。目いっぱいにアクセルを踏めたのは1Fあったかどうかの競馬だ。

 しかも、レース後の藤岡佑は「抜け出してフワッとした」と。それでいて上がり3Fは驚きの32秒9。真っすぐに追え、集中力を切らさなければ、どれだけ切れたことか。1分7秒9の走破タイムはもっと短縮できていただろう。

 今回、騎乗するのは高倉だが、先週の阪神では存在感をアピールしている。土曜メインを勝ち、日曜の宝塚記念でも③着と健闘した。

 その高倉とは昨夏の佐世保Sでコンビを組み④着。開幕小倉の芝を4角14番手から追い込み、次走でGⅢを勝つダイアナヘイローを0秒2差まで追い詰めた。「特徴を掴んでくれてるし、ずっと乗りたいとアピールしてくれていた。心強いね」とは喜多助手だ。

 念願がかなった11カ月ぶりの再タッグ。一気に重賞の壁も突き破ってみせる。

 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  10. 10

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

もっと見る