• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【ラジオたんぱ賞】ビワタケヒデにかけられた大きな期待

 突然ですが、6月30日土曜日は、福島競馬場へ行っています! この記事が載る新聞が都内の売店に並ぶのは土曜日の昼すぎ。福島競馬場でボクを探してみて――と言っても間に合わないなぁ。場内をウロウロしているはずなんですけどね、ハハハ。

 ボクには弟がいます。やはり兄や姉が成績優秀だと下は苦労しますよね。実は、兄2頭が超優秀で常に比較されながら、それでも頑張ったのが、1998年のラジオたんぱ賞(現ラジオNIKKEI賞)を勝ったビワタケヒデです。

 兄にビワハヤヒデ、ナリタブライアン。そのブライアンと同じ父ブライアンズタイムですから、期待するなって方が無理ってもんです。

 しかし、タケヒデくん、初勝利に3戦かかり、年が明けても2勝目を挙げられないまま、気づけば春のクラシックが終わっていました。

 が、6月中旬に500万下を勝つと、ラジオたんぱ賞に挑戦。ここで彼は見事な勝負根性を見せ、メイショウオウドウをクビ差抑えて優勝するのです。周囲からの大きな期待に応えられぬまま苦しんでいた彼が「僕だって!」と叫んだような、鮮やかな勝利でした。引退して20年、彼はいま北海道でのんびりと余生を過ごしているそうです。

 今年も面白そうなメンバーが揃いましたね。注目はやはり2戦2勝のフィエールマン。秋に向けて楽しみな1頭です。相手は福島で勝っているロードアクシス、グレンガリーなど、人気薄の馬も含めて3連複フォーメーションで手広く。計12点。

(俳優)

◎フィエールマン
○ロードアクシス
▲グレンガリー
☆マイハートビート
△キューグレーダー
△キボウノダイチ
△イェッツト   

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る