• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【ラジオNIKKEI賞】メイショウテッコン収穫の重賞初制覇

投稿日:

②着フィエールマンともに秋へ手応え

 福島で行われた3歳重賞、ラジオNIKKEI賞は秋につながる好レースとなった。

 前半3~5F34秒2―46秒3―58秒7と速く引き締まった展開。それを勝ち馬メイショウテッコンは3番手インで追走。直線で外に持ち出すと、逃げ馬をきっちりとらえて初の重賞勝ちを決めた。

 トップハンデタイの56キロを背負いながら、千八の勝ちタイム1分46秒1は近10年で2番目に速いもの。レースのラスト3Fは11秒9―11秒6―11秒6。早めに抜け出してゴールまでしっかりまとめた点は強調できる。

 そして何よりもこのメイショウテッコン、これまでは後の重賞①②着馬(サトノワルキューレ、エタリオウ)を完封した梅花賞など、逃げて結果を残していた。それが、きのうは好位のインで立ち回れたのだから、収穫は大きい。「そのあたりは危惧していた」とは高橋忠師だが、満点回答で菊花賞へ向けて前進したのは間違いない。

 また、②着フィエールマンも“負けて強し”の競馬を見せた。

 勝負どころの3角では3番人気イェッツトをマークしていたが、相手が思うように上がって行かず、追い出しを待たされる形に。直線入り口では大外へブン回し、その時点で先頭とは6馬身ほどの差で、直線292メートルと短い福島では絶望的な位置だった。

 それでも、エンジンが一気に掛かると、残り1Fからは推定10秒4をマーク。父ディープインパクトを彷彿させる極上の瞬発力で強襲してきた。

 残念ながら半馬身届かなかったものの、キャリア3戦目でこの走りをできたのは、スケールの大きさがあるからこそ。もちろん、ここで最低条件ともいえる賞金の加算ができたことも、飛躍の秋へとつながる。

 いずれにしても、既成勢力である春クラシック組を脅かす新星誕生を、十分に感じさせる一戦だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る