【CBC賞】アレスバローズVに導いた川田の腕

公開日:

 中京で行われた「サマースプリントシリーズ」の第2戦・CBC賞はアレスバローズがうれしい重賞初制覇を飾った。

「うまくゲートを出てくれて道中もリズムが良かったですね」

 レース後、冷静にそう話したのは川田。今回が初コンビだったが、その言葉通りにアレスバローズを巧みにコントロールしていた。

 スタートを決めて道中は中団のポジション。パートナーとの呼吸はぴったりで、4角では手応え十分にスムーズに外へ。あとは自慢の末脚を引き出すだけで、ゴールでは1馬身4分の1差でフィニッシュだ。

 オープンに入ってからは差し届かずの競馬を続けていたアレス。それがきのうは計ったように差し切ったのだから、鞍上の手腕といってもいいVかも。

 その川田はもちろん、JRAのトップジョッキーには違いない。それでも今夏はさらにチャレンジを続ける。

 今週の中京競馬終了後にはイギリスへ渡ることに。昨年は約10日間ほどの遠征だったが、今年は9月3日(月)まで全てイギリスで騎乗する。それも15年の“キングジョージ”を制したポストポンドなどを管理するR・ヴァリアン師の誘いがあってのもの。欧州トップステーブルのレベルを肌で感じることができる遠征だ。

 日本にいれば騎乗馬も集まり、“実入り”も当然大きい。それでもストイックに高みを目指すということ。

 上半期のGⅠではダービー=ダノンプレミアムを筆頭に駒が揃っていたものの、結果的には高松宮記念=ファインニードルの1勝止まりだった川田。しかし、秋GⅠではさらにスケールアップした姿が見られるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  2. 2

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

もっと見る