【CBC賞】アレスバローズVに導いた川田の腕

公開日:

 中京で行われた「サマースプリントシリーズ」の第2戦・CBC賞はアレスバローズがうれしい重賞初制覇を飾った。

「うまくゲートを出てくれて道中もリズムが良かったですね」

 レース後、冷静にそう話したのは川田。今回が初コンビだったが、その言葉通りにアレスバローズを巧みにコントロールしていた。

 スタートを決めて道中は中団のポジション。パートナーとの呼吸はぴったりで、4角では手応え十分にスムーズに外へ。あとは自慢の末脚を引き出すだけで、ゴールでは1馬身4分の1差でフィニッシュだ。

 オープンに入ってからは差し届かずの競馬を続けていたアレス。それがきのうは計ったように差し切ったのだから、鞍上の手腕といってもいいVかも。

 その川田はもちろん、JRAのトップジョッキーには違いない。それでも今夏はさらにチャレンジを続ける。

 今週の中京競馬終了後にはイギリスへ渡ることに。昨年は約10日間ほどの遠征だったが、今年は9月3日(月)まで全てイギリスで騎乗する。それも15年の“キングジョージ”を制したポストポンドなどを管理するR・ヴァリアン師の誘いがあってのもの。欧州トップステーブルのレベルを肌で感じることができる遠征だ。

 日本にいれば騎乗馬も集まり、“実入り”も当然大きい。それでもストイックに高みを目指すということ。

 上半期のGⅠではダービー=ダノンプレミアムを筆頭に駒が揃っていたものの、結果的には高松宮記念=ファインニードルの1勝止まりだった川田。しかし、秋GⅠではさらにスケールアップした姿が見られるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る