• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【CBC賞】アレスバローズVに導いた川田の腕

 中京で行われた「サマースプリントシリーズ」の第2戦・CBC賞はアレスバローズがうれしい重賞初制覇を飾った。

「うまくゲートを出てくれて道中もリズムが良かったですね」

 レース後、冷静にそう話したのは川田。今回が初コンビだったが、その言葉通りにアレスバローズを巧みにコントロールしていた。

 スタートを決めて道中は中団のポジション。パートナーとの呼吸はぴったりで、4角では手応え十分にスムーズに外へ。あとは自慢の末脚を引き出すだけで、ゴールでは1馬身4分の1差でフィニッシュだ。

 オープンに入ってからは差し届かずの競馬を続けていたアレス。それがきのうは計ったように差し切ったのだから、鞍上の手腕といってもいいVかも。

 その川田はもちろん、JRAのトップジョッキーには違いない。それでも今夏はさらにチャレンジを続ける。

 今週の中京競馬終了後にはイギリスへ渡ることに。昨年は約10日間ほどの遠征だったが、今年は9月3日(月)まで全てイギリスで騎乗する。それも15年の“キングジョージ”を制したポストポンドなどを管理するR・ヴァリアン師の誘いがあってのもの。欧州トップステーブルのレベルを肌で感じることができる遠征だ。

 日本にいれば騎乗馬も集まり、“実入り”も当然大きい。それでもストイックに高みを目指すということ。

 上半期のGⅠではダービー=ダノンプレミアムを筆頭に駒が揃っていたものの、結果的には高松宮記念=ファインニードルの1勝止まりだった川田。しかし、秋GⅠではさらにスケールアップした姿が見られるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

もっと見る