• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【ラジオNIKKEI賞】レース後の談話

①着メイショウテッコン(松山騎手) 内枠だったので、あまり揉まれたくはないと。できれば、スムーズに運びたいと考えてました。道中はしっかり我慢して、3角で外に出してから反応してくれたし、4角を回った時の手応えも良かった。抜け出してからジリっぽくなるところがあるけど、最後までしのいでくれました。本当に強い競馬でした。

②着フィエールマン(石橋騎手) 課題のスタートはちゃんと出てくれました。ペースが速かったのでポジションとしてはあれで良かったと思います。気を入れながら運んで、道中はいい感じでした。ただ、3角からはアテにしていた前の馬が動いてくれず、自分からまくると8頭分くらい外を回ることになるんで、ためて直線へ。その分、凄いはじけ方をしてくれたんですが……。

③着キボウノダイチ(戸崎騎手) トップスタートを決めてスムーズに逃げることができました。持ち味を生かすことができましたね。まだこれから良くなる馬ですよ。

④着マイハートビート(石川騎手) ゲートは出たけど二の脚がつかずに後ろからになりました。開幕週なんでイン狙い。直線はいったんグッときたんですけどねえ。ラストは少し甘くなりましたが、上手なレースはできたと思います。

⑤着エイムアンドエンド(大野騎手) インで脚をためて運びました。久々でしたが、直線はしっかり伸びてくれました。いい競馬だったと思います。

⑪着イェッツト(蛯名騎手) 終始手応えがなくて道中は追いっぱなし。小回りというのもあって、脚がたまるところがなかった。これで時計がかかれば、違ったんだろうけどね。これから良くなりそうだし、ひと夏を越せば変わってくるよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    池谷幸雄氏が激白 塚原夫妻“権力の実態”と体操協会の暗部

もっと見る