• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【CBC賞】レース後の談話

①着アレスバローズ(川田騎手) 聞いていた以上に馬の雰囲気は良かった。ゲートも良く、いいリズムで運べました。流れにも乗れて、仕掛けてからも反応良く動いてくれましたよ。抜け出してから一瞬、気を抜くところがありましたが、よく頑張ってくれましたね。いい内容で重賞を勝てたし、こういったレースを安定して続けていければと思います。

②着ナガラフラワー(高倉騎手) ゲートを出て隣の馬とぶつかってしまった。それが痛かったのか、走りづらそうにしていました。道中の手応えも決して良くなかったけど、頑張ってくれた。去年に初めて乗って能力は感じてたし、決め手にも磨きがかかっていますね。

③着セカンドテーブル(水口騎手) 自分の競馬をして差されたら仕方ないという気持ちで、早めに前に並びかけに動きました。最後までしっかり走ってくれたし、左回りはいいですね。

④着アサクサゲンキ(武豊騎手) ゲートを出てからのんびりしてた。決して悪い傾向じゃないんだけど……。ま、その分ラストはしっかり伸びてくれてますから。

⑤着レーヴムーン(荻野極騎手) 課題のゲートも出て、内枠でロスのない競馬ができました。ペースは速かったけど、しぶとく頑張ってくれました。ここに入っても能力は通用しますね。

⑪着ダイメイフジ(M・デムーロ騎手) 千二百メートルは忙しいし、前の馬も止まらないね。この馬には千四百メートルぐらいあってもいいのかも。

⑮着ペイシャフェリシタ(三浦騎手) 枠がキツかったですね。ポジションをとるために出して行って、ちょっとリズムがとりづらくなってしまいました。こんな馬じゃないし、休み明けをたたいたことで次はさらに良くなってくるはずです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る