• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【CBC賞】レース後の談話

①着アレスバローズ(川田騎手) 聞いていた以上に馬の雰囲気は良かった。ゲートも良く、いいリズムで運べました。流れにも乗れて、仕掛けてからも反応良く動いてくれましたよ。抜け出してから一瞬、気を抜くところがありましたが、よく頑張ってくれましたね。いい内容で重賞を勝てたし、こういったレースを安定して続けていければと思います。

②着ナガラフラワー(高倉騎手) ゲートを出て隣の馬とぶつかってしまった。それが痛かったのか、走りづらそうにしていました。道中の手応えも決して良くなかったけど、頑張ってくれた。去年に初めて乗って能力は感じてたし、決め手にも磨きがかかっていますね。

③着セカンドテーブル(水口騎手) 自分の競馬をして差されたら仕方ないという気持ちで、早めに前に並びかけに動きました。最後までしっかり走ってくれたし、左回りはいいですね。

④着アサクサゲンキ(武豊騎手) ゲートを出てからのんびりしてた。決して悪い傾向じゃないんだけど……。ま、その分ラストはしっかり伸びてくれてますから。

⑤着レーヴムーン(荻野極騎手) 課題のゲートも出て、内枠でロスのない競馬ができました。ペースは速かったけど、しぶとく頑張ってくれました。ここに入っても能力は通用しますね。

⑪着ダイメイフジ(M・デムーロ騎手) 千二百メートルは忙しいし、前の馬も止まらないね。この馬には千四百メートルぐらいあってもいいのかも。

⑮着ペイシャフェリシタ(三浦騎手) 枠がキツかったですね。ポジションをとるために出して行って、ちょっとリズムがとりづらくなってしまいました。こんな馬じゃないし、休み明けをたたいたことで次はさらに良くなってくるはずです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る