【CBC賞】レース後の談話

公開日:

①着アレスバローズ(川田騎手) 聞いていた以上に馬の雰囲気は良かった。ゲートも良く、いいリズムで運べました。流れにも乗れて、仕掛けてからも反応良く動いてくれましたよ。抜け出してから一瞬、気を抜くところがありましたが、よく頑張ってくれましたね。いい内容で重賞を勝てたし、こういったレースを安定して続けていければと思います。

②着ナガラフラワー(高倉騎手) ゲートを出て隣の馬とぶつかってしまった。それが痛かったのか、走りづらそうにしていました。道中の手応えも決して良くなかったけど、頑張ってくれた。去年に初めて乗って能力は感じてたし、決め手にも磨きがかかっていますね。

③着セカンドテーブル(水口騎手) 自分の競馬をして差されたら仕方ないという気持ちで、早めに前に並びかけに動きました。最後までしっかり走ってくれたし、左回りはいいですね。

④着アサクサゲンキ(武豊騎手) ゲートを出てからのんびりしてた。決して悪い傾向じゃないんだけど……。ま、その分ラストはしっかり伸びてくれてますから。

⑤着レーヴムーン(荻野極騎手) 課題のゲートも出て、内枠でロスのない競馬ができました。ペースは速かったけど、しぶとく頑張ってくれました。ここに入っても能力は通用しますね。

⑪着ダイメイフジ(M・デムーロ騎手) 千二百メートルは忙しいし、前の馬も止まらないね。この馬には千四百メートルぐらいあってもいいのかも。

⑮着ペイシャフェリシタ(三浦騎手) 枠がキツかったですね。ポジションをとるために出して行って、ちょっとリズムがとりづらくなってしまいました。こんな馬じゃないし、休み明けをたたいたことで次はさらに良くなってくるはずです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る