【巴賞】洋芝巧者ナイトオブナイツ競り勝つ

公開日:

 函館メーンの巴賞を制したのは5番人気のナイトオブナイツ。

 中団追走から直線はクラウンディバイダ、アストラエンブレムとのたたき合いを制して、オープン初勝利を挙げた。

 前走の新潟大賞典は⑮着も「左回りが合わなかった」と池添兼師。敗因ははっきりとしていた。

 洋芝に強いハービンジャー産駒で、昨夏の函館でも④①着。得意舞台に戻って、きっちりと結果を出したということ。

「滞在向きだし、重賞でもやれると思っている」

 次戦は函館記念になるだろうが、師の言葉通り十分に期待が持てそう。

レース後の談話

①着ナイトオブナイツ(池添騎手) 道中は行きたがる面を見せたけど、直線での手応えは十分。(前にいる)マイネルハニー次第で自分の進路を決めようと。あいたところを、ちゅうちょなく突っ込んでくれたね。いい内容で勝てたんじゃないかな。今、力をつけてるね。

②着アストラエンブレム(ルメール騎手) 残念。スタートで遅れたのが痛かったね。それでも、徐々にポジションを上げて最後まで頑張ってくれたんだけど。スタートが良かったら勝ってたよ。

③着ハッピーグリン(服部茂騎手) 道中、少しハミを取っていましたね。それに最後、1完歩仕掛けを遅らせたのがアダになりました。差が差だけにもったいなかったです。こんな馬場でも苦にしてなかったんですけどね。

⑤着ブレスジャーニー(岩田騎手) もうちょっと強引に乗っても良かったかもしれない。悪い馬場でも最後はよく差を詰めてくれただけに……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る