• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【巴賞】洋芝巧者ナイトオブナイツ競り勝つ

 函館メーンの巴賞を制したのは5番人気のナイトオブナイツ。

 中団追走から直線はクラウンディバイダ、アストラエンブレムとのたたき合いを制して、オープン初勝利を挙げた。

 前走の新潟大賞典は⑮着も「左回りが合わなかった」と池添兼師。敗因ははっきりとしていた。

 洋芝に強いハービンジャー産駒で、昨夏の函館でも④①着。得意舞台に戻って、きっちりと結果を出したということ。

「滞在向きだし、重賞でもやれると思っている」

 次戦は函館記念になるだろうが、師の言葉通り十分に期待が持てそう。

レース後の談話

①着ナイトオブナイツ(池添騎手) 道中は行きたがる面を見せたけど、直線での手応えは十分。(前にいる)マイネルハニー次第で自分の進路を決めようと。あいたところを、ちゅうちょなく突っ込んでくれたね。いい内容で勝てたんじゃないかな。今、力をつけてるね。

②着アストラエンブレム(ルメール騎手) 残念。スタートで遅れたのが痛かったね。それでも、徐々にポジションを上げて最後まで頑張ってくれたんだけど。スタートが良かったら勝ってたよ。

③着ハッピーグリン(服部茂騎手) 道中、少しハミを取っていましたね。それに最後、1完歩仕掛けを遅らせたのがアダになりました。差が差だけにもったいなかったです。こんな馬場でも苦にしてなかったんですけどね。

⑤着ブレスジャーニー(岩田騎手) もうちょっと強引に乗っても良かったかもしれない。悪い馬場でも最後はよく差を詰めてくれただけに……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る