弘中勝
著者のコラム一覧
弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

【日曜中京11R・プロキオンS】ダノングッド末脚炸裂

公開日:

先行馬が揃って前競り必至

 ダノングッドが鋭く追い込む。

 今春までは逃げ、先行型。オープンでは少々頼りない競馬が続いた。そんな同馬が一変したのが2走前の京葉Sだ。

 前半3F32秒8と超がつくハイペース。“行けなかった”が真実だろうが、腹をくくった後方13番手からの追い込みで一気に突き抜けた。続く欅Sは⑤着と、差し切るまではいかなかったが、道中12番手から3F34秒9の末脚を発揮。これはメンバー2位の数字で、追い込みが板についたことを証明した。

 今回は有力馬の多くが逃げ、先行タイプ。前競りが必至のメンバーだ。これは末脚炸裂が期待できる展開だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る