公開日:

 いや~、力が入りましたね、サッカーW杯。日本代表の熱い戦い、その全てが名場面ですが、セネガル戦のオフサイドトラップもまさに芸術的でした。

 おっと、その言葉を口にすると……、(ちょっと強引ですが)オールドファンにはお馴染み、同名の名馬を思い出します。重賞3勝、うちGI1勝の彼がなぜ愛されたのか。それは3度にわたる屈腱炎からの復活という、不屈の闘志があったからでしょう。 

 1993年の暮れにデビュー。クラシックへ挑むも勝てず、直後のラジオたんぱ賞④着後に最初の屈腱炎を発症。暮れに復帰するも翌年2月に再発、休養を挟んで6歳5月に三たび屈腱炎に。もうダメか……。が、彼は戻ってきます。7歳春に復帰するや②②②③着。そして迎えた七夕賞、彼は凄まじい気迫で馬群を割ると、逃げ馬をクビ差捉えてついに重賞初制覇! 

 その勢いで、続く新潟記念、秋の天皇賞まで3連勝。同レースではサイレンススズカの悲劇がありましたが、オフサイドトラップの「決して諦めない闘志」は称賛されるべきであり、それはまさに今回の日本代表そのものだったんじゃないかと、ボクは思うのです。

 今年の七夕賞は展開が読みづらいなぁ。マイネル2頭が前へ行くなら競り合いは考えにくい。隊列がすんなりならば、昨年②着の◎マイネルフロスト。休み明けを叩いて青写真通りここへ。強敵はサーブルオールら4、5歳世代か。◎から1頭軸の3連複10点で。

◎マイネルフロスト 
◯サーブルオール  
▲ワンブレスアウェイ
△マイネルミラノ  
△プラチナムバレット
△マイネルサージュ 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  4. 4

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  10. 10

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

もっと見る