• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
投稿日:

 いや~、力が入りましたね、サッカーW杯。日本代表の熱い戦い、その全てが名場面ですが、セネガル戦のオフサイドトラップもまさに芸術的でした。

 おっと、その言葉を口にすると……、(ちょっと強引ですが)オールドファンにはお馴染み、同名の名馬を思い出します。重賞3勝、うちGI1勝の彼がなぜ愛されたのか。それは3度にわたる屈腱炎からの復活という、不屈の闘志があったからでしょう。 

 1993年の暮れにデビュー。クラシックへ挑むも勝てず、直後のラジオたんぱ賞④着後に最初の屈腱炎を発症。暮れに復帰するも翌年2月に再発、休養を挟んで6歳5月に三たび屈腱炎に。もうダメか……。が、彼は戻ってきます。7歳春に復帰するや②②②③着。そして迎えた七夕賞、彼は凄まじい気迫で馬群を割ると、逃げ馬をクビ差捉えてついに重賞初制覇! 

 その勢いで、続く新潟記念、秋の天皇賞まで3連勝。同レースではサイレンススズカの悲劇がありましたが、オフサイドトラップの「決して諦めない闘志」は称賛されるべきであり、それはまさに今回の日本代表そのものだったんじゃないかと、ボクは思うのです。

 今年の七夕賞は展開が読みづらいなぁ。マイネル2頭が前へ行くなら競り合いは考えにくい。隊列がすんなりならば、昨年②着の◎マイネルフロスト。休み明けを叩いて青写真通りここへ。強敵はサーブルオールら4、5歳世代か。◎から1頭軸の3連複10点で。

◎マイネルフロスト 
◯サーブルオール  
▲ワンブレスアウェイ
△マイネルミラノ  
△プラチナムバレット
△マイネルサージュ 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  4. 4

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  7. 7

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る