• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【プロキオンS】4馬身差圧勝マテラスカイが見せた無限の可能性

驚異の千四ダート1分20秒3

 驚異の逃亡劇――。きのうのプロキオンSを日本レコードで勝ったマテラスカイだ。

 とにかく、スピードの絶対値が違った。ダッシュよくハナを切ると、番手ウインムートを従えてテンの1Fを11秒9。そこから、さらにペースアップし、10秒7―10秒9と驚異的なハイラップを刻んでいく。不良馬場と時計の出やすいコンディションとはいえ、前半3Fは33秒5だ。前日の同距離の準オープン芝と0秒1しか違わない、まさに“芝並み”の逃げを打った。

 後半も独壇場だった。直線で徐々に後続との差を広げると、あとは離す一方。残り1Fを切り、武豊から気合づけの右ムチが2発入ったくらいで結果、②着インカンテーションに0秒7、4馬身差をつけて悠々とゴールした。勝ちタイムは1分20秒3! 従来のそれを1秒2も短縮する大記録となった。

 これには武豊も驚いた表情でこう話す。

「時計の出る馬場とはいえ立派。馬が充実していますし、4歳だけに今後が楽しみですね」

 確かに以前は体質の弱さが同居。持っている能力に体がついていかない印象もあった。

 だが、4歳となった今シーズンは完成度が増してきた。年明けに一千万、準オープンと2連勝。続く、ドバイ遠征は⑤着だが、これをきっちり糧として、再び2走前の準オープン、今回のGⅢと連勝した。

 この“新星”は前途有望だ。

 過去20年の千二~千四ダート重賞で、4馬身差以上で制した馬は、ブロードアピール、ニホンピロサート、メイショウボーラー、ケイアイガーベラ、ダノンレジェンドの5頭。後ろ3頭は同じ4歳時の記録で、メイショウはフェブラリーSを制し、ダノンも6歳時のJBCスプリントを含み、重賞で9勝も挙げた。

 ならば、今回のマテラスカイも連勝街道をひた走る可能性は十分。この勝利で、最大目標を11月4日に京都で行われるJBCスプリント(ダート千二)に定めたが、あのテンのダッシュ力なら芝でも面白いか。混戦が続く短距離路線に、新しい風が吹き込んだのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  6. 6

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  7. 7

    金正恩が愚痴ポロリ 軍部の融和路線封じで非核化も後退か

  8. 8

    2カ月雲隠れ 日大アメフト内田前監督の呆れた“銭ゲバ闘争”

  9. 9

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  10. 10

    日欧EPA署名で酪農大打撃 食卓から“国産牛乳”が消える日

もっと見る