• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【七夕賞】レース後の談話

①着メドウラーク(丸田騎手) この馬は道悪が上手で馬場も軟らかくなっていたので、ずっといい手応えで回ってくれました。3~4角で外から②着馬(マイネルサージュ)が来た時にかぶされず、ポジションを取り切れたから大丈夫じゃないかなと。(福島競馬開設100周年の)記念すべき年に大きな舞台で重賞を勝たせていただけて、幸せです。

②着マイネルサージュ(津村騎手) もう少し、でした。勝負どころはいい感じで上がって行けたんですが、4角で勝ち馬に内からぶつけられた時に押し込めることができなかったです。逆にこっちが外に逃げるような感じになってしまったんで。

③着パワーポケット(江田照騎手) 自分が乗ったのは5走前の二千五百メートル。芝は問題ないんだけど距離が長かったんよね。だから適距離なら、とは思ってたんだよ。道中は内をロスなく立ち回れたし、一生懸命走るタイプというのもあって、この馬場も気にせず走ってたよ。よく頑張ってくれたね。

④着サーブルオール(戸崎騎手) もう少し行きっぷりがいいイメージを持っていたんですけどね。乗りやすいのはよかったんですが、予想以上にモタついてしまいました。

⑤着ワンブレスアウェイ(石橋騎手) デキが良くて苦しいところがなかった分、ゲートもちゃんと出てくれました。ハナに立つくらいの行きっぷりだったけど、マイネルミラノが主張したんで2番手からに。結果的に速いペースでの先行策になったけど、最後までよく頑張ってます。

⑥着レイホーロマンス(内田騎手) 馬場を気にしたようでずっと反応が悪かった。その分、外、外を回るしかなかったよ。小柄な馬には厳しい競馬だったけど、ラストまでジワジワ伸びてた。内容は良かった。

⑦着キンショーユキヒメ(北村宏騎手) 思ってた以上に追走に苦しみましたね。でも、4角の手応えの割にはラストまでしぶとく頑張ってました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る