• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
勝羽太郎
著者のコラム一覧
勝羽太郎

徹底的な栗東での厩舎取材だけでなく、馬体や追い切りを見る目もハイレベル。グリーンチャンネルではパドック解説者としても活躍中の見る、聞く、話すの三拍子が揃った関西の精鋭記者。

【土曜中京9R・マカオJCT】前走は不完全燃焼ワールドフォーラブ

 4月から2、1、3勝。月ごとの勝利数が少し気になっていた。誰の成績かと言えば、これが武豊騎手。1~3月は29勝。そこからのスローダウンを心配した矢先、先週はオジュウチョウサンにGⅢプロキオンSなど特別を3勝して、千両役者ぶりを発揮した。

 とはいえ、4月以降の勝ち鞍の3分の2が特別戦。逆に平場は69戦3勝だからやはり勝てていない。ただし、②着19回、③着16回で③着内率・405。ご参考までに。

【中京9R・マカオJCT】 こう書いて、名手からの乗り替わりを推奨するから失礼極まりないのだが、◎はワールドフォーラブだ。

「豊らしくない競馬だったね。前走は物足りない④着」

 管理する音無師もこう表現する。

 明らかに、競馬が噛み合っていなかった。発馬後にやや控えたことが裏目に出て、レース前半は馬群の中で終始、力み気味。また、直線では前を走る①②着馬が外へと張り出してきて邪魔に。残り1Fを切る地点からやむなくその2頭の内へ舵を切る形と、総じてチグハグだったのだ。

 ただし、負けたとはいえ、馬体は自己最高の452キロ。細化傾向にあった馬が丸みを帯びたいい体つきへと変貌していた。そこからのたたき2走目なら――。再度、一千万へ返り咲いていい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る