木津信之
著者のコラム一覧
木津信之

携帯電話にはズラリとジョッキーの電話番号が。岩田のような関西のベテランから、中堅どころはもちろん、石川のような若手まで、いつでも直撃。ついつい、本音がもれてくることも数知れない。加藤征、斎藤厩舎などにもグッと食い込んでいる。暮れの有馬記念では吉田隼にじっくりと取材。◎ゴールドアクターで3連単12万5870円をモノにした。

【土曜函館11R・STV杯】今度は自分の競馬に持ち込むラッシュアウト

公開日:

 ラッシュアウトの巻き返しを狙う。前走は厳しい展開が一番の敗因だ。

「持ったままで走らせた時のスピードはこのクラスでも屈指」と鈴木助手が話すようにトップハンデを背負わされてるにもかかわらず、15番枠からのスタート直後にはすでに1馬身ほどのリード。

 だが、内枠から軽量馬が押して押してハナを主張したことでリズムを崩し、力を出すことができなかった。

 走り切っていないのでダメージはなく、「引き続き好調」。

 今回の組み合わせは何が何でものタイプはおらず、定量戦で他馬との斤量差が減るのも好材料。逃げ切りに期待する。

 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

もっと見る