弘中勝
著者のコラム一覧
弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

【土曜中京11R・マレーシアC】メイスオブオナー順当勝ち

公開日:

 本命はメイズオブオナーだ。

 オープン昇級の前走がいきなりGⅠ挑戦。⑪着の厳しい結果になったが、不利な8枠18番から1秒差なら決して悲観すべき競馬ではない。

 このGⅠの舞台経験がハーツクライ産駒の成長を促進させたのだろう。そう感じさせたのが1週前のCウッド追いだった。体重の軽い見習ジョッキーが騎乗したとはいえ、6F76秒台は破格の数字だ。

 降級して準オープンのメンバーなら力上位は明らかだし、牡馬勢を一刀両断に斬り捨ててオープンへ返り咲く。

 対抗はエンジニア。前走は速い流れでなし崩しに脚を使った。変わる要素はある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る