弘中勝
著者のコラム一覧
弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

【土曜中京11R・マレーシアC】メイスオブオナー順当勝ち

公開日:

 本命はメイズオブオナーだ。

 オープン昇級の前走がいきなりGⅠ挑戦。⑪着の厳しい結果になったが、不利な8枠18番から1秒差なら決して悲観すべき競馬ではない。

 このGⅠの舞台経験がハーツクライ産駒の成長を促進させたのだろう。そう感じさせたのが1週前のCウッド追いだった。体重の軽い見習ジョッキーが騎乗したとはいえ、6F76秒台は破格の数字だ。

 降級して準オープンのメンバーなら力上位は明らかだし、牡馬勢を一刀両断に斬り捨ててオープンへ返り咲く。

 対抗はエンジニア。前走は速い流れでなし崩しに脚を使った。変わる要素はある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る