• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【土曜福島11R・安達太良S】精神面成長ノーブルサターン 本来の先行策で粘り込む

 本命はノーブルサターンでいく。

 現級勝ち直後の降級戦、灘Sは⑦着に終わったが、その内容は着順以上。ここは見直しの一手だ。

 痛恨の出遅れで[13][11][7]。4走前の北総S⑯着が示すように先行態勢を取れない時は、全く走る気をなくしてしまうタイプだったが、あのレースでは違っていた。

 3角からジワジワと追い上げると、直線も気持ちを切らすことなく⑦着に踏ん張った内容は悪くない。精神面の成長がうかがえるレースだった。

 鞍上の鮫島良にとって当日の福島の騎乗はこの馬1頭だけ。もちろん、今回はビシッとスタートを決めてくるはずだ。前々走同様の先行策で流れ込む。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る