外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【土曜福島11R・安達太良S】精神面成長ノーブルサターン 本来の先行策で粘り込む

公開日:

 本命はノーブルサターンでいく。

 現級勝ち直後の降級戦、灘Sは⑦着に終わったが、その内容は着順以上。ここは見直しの一手だ。

 痛恨の出遅れで[13][11][7]。4走前の北総S⑯着が示すように先行態勢を取れない時は、全く走る気をなくしてしまうタイプだったが、あのレースでは違っていた。

 3角からジワジワと追い上げると、直線も気持ちを切らすことなく⑦着に踏ん張った内容は悪くない。精神面の成長がうかがえるレースだった。

 鞍上の鮫島良にとって当日の福島の騎乗はこの馬1頭だけ。もちろん、今回はビシッとスタートを決めてくるはずだ。前々走同様の先行策で流れ込む。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る