新谷学
著者のコラム一覧
新谷学

全レースを詳細にデータ化することに成功。全ての馬を独自に作り出した馬券直結のレーティングで丸裸にして本命馬はもちろん穴馬までしっかりケアする人間コンピューター。

【日曜函館11R・函館記念】荒れる重賞にデータ派2人が挑む

公開日:

武田「ハンデ重賞の傾向からサクラアンプルールが本命。調教の開始時期や中間本数からも、今年はここ狙いと感じる」

新谷 今回は北海道重賞とあって、ウチらの出番です。

武田 ま、毎年恒例な。

新谷 それにしても函館記念って荒れますよねえ。1番人気は11連敗中。過去10年で馬券になったのは②着2回だけで、3連単なんて10万オーバーが7回ですよ。本命はひねった方がいいとは思います。武田さんの◎サクラアンプルールはひねり足りない気も……。

武田 木曜発行の「馬券ゼミ」で書いただろ。

新谷 ああ、ハンデ重賞では「斤量増」「○・5キロ」が狙い目で、さらに田辺の「○・5キロ」もってことでしたね。

武田 そうそう。それにサクラはここを狙ってきているフシがある。

新谷 この函館記念をってこと?

武田 調教担当じゃないオレがこう言うのもなんだが、去年はこの函館記念が3カ月半ぶりで⑨着なんだが、始動は6月22日で中間時計は5本。それが今年は6月3日から時計を出して、中間は9本だ。札幌記念連覇もかかっているが、今年は去年より明らかにメンツが強い。で、ここを……ってこと。

新谷「エアアンセムのここ2走は本格化の印象がありますよ。本来、洋芝は合っているはずだし、久々の55キロも魅力」

新谷 ボクは荒れる重賞だけに、本命はもう少しひねってエアアンセムでいきます。

武田 エプソムCは後ろからで⑤着だった。

新谷 1番人気ダイワキャグニーをマークしたのは作戦として理解できますが、それでも3角13番手、4角14番手ではねえ。

武田 それを思えば、内容は悪くない。

新谷 それにこの馬は26戦して上がり最速タイが2回あるだけ。切れ味勝負では分が悪いんです。それが2走前は京都千八で1分44秒6の超高速決着の中、ラスト2~1Fで10秒台の脚も使いながら勝つかのシーン。そして“ない”位置からの⑤着が前走でしょ。

武田 本格化ってか。

新谷 そういうこと。“鈍足”タイプって言ったら失礼かもしれないけど、本来は洋芝も合いそう。55キロも3歳以来となる久々の“恵量”です。

武田 ○は揃ってナイトオブナイツ。ハービンジャー産駒は重賞11勝で、そのうち二千で6勝だから、条件はぴったりだと思う。

新谷 巴賞勝ちのラスト3F34秒9も、札幌、函館の洋芝千八以上の重、不良では歴代最速。北海道では4戦3勝ですし、適性が高いですよね。そして▲はトリコロールブルー。前回が初めての古馬重賞で5F通過58秒2という経験したことない流れでも③着と、さすがに素質があります。

武田 トリコロールはワンターンの千八とかの方がいいような気がする。▲はブレスジャーニーにした。もともとがクラシック候補だった素質馬で、今回は元主戦の柴田善だから前進があってもいいと思う。

新谷 あと注は2人とも新潟大賞典勝ちスズカデヴィアス。

武田 上昇度を買ったところは一緒だな。

新谷 馬券は当然、3連単軸1頭流しで好配当チャレンジ!

武田 じゃあ、オレも同じ形で受けて立ってやるよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る