公開日:

 突然ですが、現存する競馬場で最も古いのはどこでしょう? 答えは……函館競馬場なんですね。その函館で、30年間破られていないレコードを持つレースがあります。そう、芝2000メートル。1988年にサッカーボーイが記録した1分57秒8は、以来、今日まで誰にも抜かれていません。

 抜群のスピードで2歳王者に輝いたサッカーボーイでしたが、父ディクタス譲りの気性の激しさから距離不安が囁かれた日本ダービーでは1番人気も⑮着と惨敗。これを受け、陣営はすぐに中距離路線へと切り替えます。

 1カ月後の中日スポーツ賞4歳Sを勝つと、次に選んだのがこの函館記念でした。シリウスシンボリ、メリーナイス、マックスビューティらGI馬が並ぶ超豪華メンバー。断然人気のサッカーボーイだけど、古馬とは初対決。大丈夫か……。ですが、それは杞憂でした。直線で楽に抜け出すと、グングン差を広げ、馬なりのまま5馬身差圧勝。しかも、当時の日本レコード! 日本の競馬史上初めての1分57秒台に、時計が壊れたのかと思いましたよ。

 函館競馬場は94年のコース改修で100%洋芝となったため、今後この記録を破るのは容易ではないかもしれません。いやむしろ、永遠に破られないで欲しい。だって、あのサッカーボーイの記録なんだもの。

 今年も難解なメンバーになりましたね。巴賞で久々ながら見せ場のあったブレスジャーニーの復活に期待しましょうか。知り合いが一口出資しているトリコロールブルーも応援。一発あればひと叩きしたマイネルハニー。ハンデ戦でゴール前は大混戦か。ならば、馬券は5頭の馬連BOX10点で。 (俳優)

◎ブレスジャーニー
○トリコロールブルー
▲マイネルハニー
△クラウンディバイダ
△エアアンセム

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る