外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【土曜福島11R・白河特別】福島でさらに切れる 好素材の3歳牝馬ラストプリマドンナ

公開日:

 デビューから5戦、連対を外さずにきたラストプリマドンナ。まだ底を見せていないスピードを支持したい。

 千二に距離を詰めた前3戦は、好位で難なく流れに乗って連続②着すると、続く前走ではしまい勝負に切り替えて大外一気。そのスプリント力をしまいに生かせるよう、レースぶりも確実に進化している。

 その中山での3戦は直線の急坂でいったん伸びが鈍るが、坂上から再加速。あの走りから、ほぼ平坦の福島替わりはプラスに出るに違いない。

 3カ月ぶりも仕上がりは上々。51キロを味方にラストまで加速が続くはずだ。初の古馬相手もあっさり通過するとみた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る