武田昌已
著者のコラム一覧
武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋20年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評があり、ついた名前が「数字大王」。GⅠウイークにはデモクラTVのコメンテーター担当。

【日曜中京11R・中京記念】グレーターロンドン初重賞ゲット

公開日:

好条件がズラリと揃った

 先週の函館記念では前走から斤量0・5キロ増でハンデ57・5キロ、田辺騎乗のサクラアンプルールを狙った。結果は7番人気で②着。ならば“もう一丁”の期待をかけて、◎はグレーターロンドンでいく。

 こちらも前走比0・5キロ増の56・5キロ、田辺でサクラと全く同じパターン。もちろん、狙える理由はそれだけではない。ようやく今回は重賞を勝てる条件が整った。

 昨年はGⅠ安田記念④着、GⅡ毎日王冠③着。GⅠクラスと互角の勝負を演じた。しかし、その2戦を含めて、丸1年以上も勝てずじまい。末脚には強烈なものがあっても、天皇賞・秋のような泥田ではどうしようもなく、中山だと差し届かない。

 また、東京新聞杯のように先行しては持ち味が生きず、京王杯SCでは千四が初めて。勝ち負けまでとなると、とにかく注文が多くつく印象だ。

 では、今回の舞台はどうか。

 直線は412・5メートル。東京ほどではないものの中山よりは100メートル以上長い。さらに5勝を挙げているマイルで主戦の田辺。ほぼ間違いなく日曜の中京は良馬場だ。

 京王杯SCでマークした上がりは32秒5。最後方で脚をためていたのは事実だが、それにしても数字はケタ違い。

 しかも、この時はすぐ前にいたサトノアレスが抜け出してからの追い出し。他馬よりワンテンポ仕掛けが遅れている。

 今回は言い訳が許されない舞台。未完の大器がようやく初の重賞タイトルを手にする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る