公開日:

 桜花賞馬シャダイソフィア、エルプス。女傑ダイナアクトレスに名脇役ホクトヘリオス。これらはみな函館2歳S(当時は3歳S)の勝ち馬。加えて93年の⑥着にはあのナリタブライアンの名前も。

 が、これは同レースが9月に行われていた頃の話。今の時期に移行してからは、よりスピードと早熟性重視のレースとなりました。当然世界へ羽ばたく馬など……いやいや、いたんですよ。施行時期が移された最初の年、97年の勝ち馬、アグネスワールドです。

 新馬戦を圧勝したアグネスはこのレース、1番人気のサラトガビューティをぴったりマークし直線入り口でかわすと、レースレコードでの完勝。鞍上の武豊騎手は、中央競馬全10場の重賞制覇を達成したのです。

 この後、2度の骨折を乗り越えたアグネスは4歳夏の北九州短距離Sで日本レコード勝ち。そしてその年の秋、仏GIアベイ・ド・ロンシャン賞に勝利! その名の通り“世界を制した”アグネスは翌年も英GIに優勝、日本のGIは勝てずも欧州のGIを2勝という不思議な馬でした。それにしても、スピード違反というぐらい速い馬だったなぁ。

 今年は混戦模様かな? 中心は後続をスッと突き放した新馬戦の内容が良く、完成度の高そうなアスターペガサス。大型馬だけに、使った上積みも大きそう。相手はカルリーノ、トーセンオパールら。馬券は◎1頭軸3連複の10点でいきましょう。

◎アスターペガサス
○カルリーノ   
▲トーセンオパール
△ニヴィアン   
△スズカカナロア 
△ナンヨーイザヨイ

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る