公開日:

 桜花賞馬シャダイソフィア、エルプス。女傑ダイナアクトレスに名脇役ホクトヘリオス。これらはみな函館2歳S(当時は3歳S)の勝ち馬。加えて93年の⑥着にはあのナリタブライアンの名前も。

 が、これは同レースが9月に行われていた頃の話。今の時期に移行してからは、よりスピードと早熟性重視のレースとなりました。当然世界へ羽ばたく馬など……いやいや、いたんですよ。施行時期が移された最初の年、97年の勝ち馬、アグネスワールドです。

 新馬戦を圧勝したアグネスはこのレース、1番人気のサラトガビューティをぴったりマークし直線入り口でかわすと、レースレコードでの完勝。鞍上の武豊騎手は、中央競馬全10場の重賞制覇を達成したのです。

 この後、2度の骨折を乗り越えたアグネスは4歳夏の北九州短距離Sで日本レコード勝ち。そしてその年の秋、仏GIアベイ・ド・ロンシャン賞に勝利! その名の通り“世界を制した”アグネスは翌年も英GIに優勝、日本のGIは勝てずも欧州のGIを2勝という不思議な馬でした。それにしても、スピード違反というぐらい速い馬だったなぁ。

 今年は混戦模様かな? 中心は後続をスッと突き放した新馬戦の内容が良く、完成度の高そうなアスターペガサス。大型馬だけに、使った上積みも大きそう。相手はカルリーノ、トーセンオパールら。馬券は◎1頭軸3連複の10点でいきましょう。

◎アスターペガサス
○カルリーノ   
▲トーセンオパール
△ニヴィアン   
△スズカカナロア 
△ナンヨーイザヨイ

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る