【中京記念】レコードで鮮やか鋭伸 グレーターロンドン秋GⅠへ

公開日:

重賞の勲章以上に価値ある賞金加算

 中京で行われた「サマーマイルシリーズ」の第1戦、中京記念はグレーターロンドンが制した。

「いつも人気を背負ってもう少しという競馬が続いていたんで」

 レース後にそう振り返った田辺の言葉通り、遅すぎた重賞初制覇だったかもしれない。

 3歳時から蹄葉炎での長期休養などがありながらも、昨年3月まで5連勝。いきなりGⅠへ挑戦した安田記念でも0秒1差の④着と好走したほどで、素質の高さは疑う余地がなかった。

 ただし、それでも重賞にはなかなか手が届かず、今年に入ってからは東京新聞杯、ダービー卿CTで1番人気に支持されたものの⑨⑤着。前走の京王杯SCも④着に終わっていた。

 その鬱憤晴らしになったのが、この中京記念だった。大外枠から道中は脚をしっかりためるだけためて、直線は外から鋭伸。早め先頭で粘り込みを狙ったロジクライを計ったように差し切って、なおかつレコードのオマケ付きである。

 惜敗続きの馬がひとつ勝ったことで、勢いづくのはよくあること。それだけでもこの馬にとっては、このVがいいきっかけになりそう。さらに言えば、ここまで賞金が加算できずに、このGⅢ中京記念でさえ、登録時の収得賞金順では実は10番目に過ぎなかった。

 それが賞金もしっかりと上積みできたのだから大きい。今後は「状態を見てから」とは管理する大竹師で、GⅠも含めた大舞台へ向けてのローテーションも組みやすくなった。

 重賞の勲章を得たこと以上に、うれしい賞金加算になったかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    電動車いすで店に入れず…理髪師から広がった思いやりの輪

もっと見る